流行ネタを話す男性はつまらない?自分の考えを言える男は女子ウケ◎

 




 

職場などで「あの人はつまらない」と思われてしまった事はないですか?なぜ女性からつまらないと思われてしまうのでしょうか。

つまらないと思われる男性には共通点があります。ここでは女子ウケを良くするための方法を紹介していきます。

 

1.流行のネタばかりを仕入れない

つまらないと思われる男性の中には、SNSでバズっているものや流行のネタなど、流行に敏感な人がいます。

確かに、流行に敏感だと物知りのようにも感じますし、実際にそのような男性に憧れる女性もいるでしょう。

しかし、SNSなどの流行のネタばかり知っていても、それではその人の人となりが分りません。

「このようなネタが流行っていた」というだけなら誰にでも言えるのです。もしも流行のネタが好きならば、それに対して自分はどう思うか、自分の考え方まできちんと話せるようにしましょう。

ネタを知っているだけではつまらない人になってしまいます。

そのネタを自分なりにどう解釈するかが大切なのであり、面白い解釈ができる人は面白い人として映ります。

 

2.自分の感想で話を終える

つまらないと思われる人の中には、どんなに良い話題であっても、話し方が残念な人も少なくありません。

例えば、古い友人に会って一緒に食事をし、友人が食事代を出してくれたとしましょう。

「久しぶりに友人と会って食事をして、友人が食事代まで出してくれた、本当に嬉しかったし楽しかった」と、自分の感想で終えることができれば、「それはよかったね」と言ってもらえます。

しかし、「久しぶりに友人と会って食事をして、友人が食事代を出してくれたんだ」で話題を覚えてしまったら、相手は「で?自慢?」になってしまいます。

つまり、自分の感想で会話を終えることにより、相手に自分の考え方や人柄を伝えることができるのです。

起こったことだけを報告するかのように相手に伝えたら、尻切れトンボで会話が終わってしまうため、あなたの人柄が分かりません。

その結果でも「つまらない人」と思われてしまうのです。

 

まとめ

つまらない人と思われないようにするためには、自分がどのような考え方をしているのか、自分はどのような人間なのか、相手に知ってもらう必要があります。

何が流行っているのか、何があったのか、現状報告だけしていると相手は興味を失います。

流行っていることに対して「自分はこう思う」など、自分の考え方を相手に伝えることで、相手は「この人は面白い」と感じるのです。

自分がどう考えているのか、積極的に相手に伝えていくようにしましょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。