やっぱり好き!諦められない恋を成功させる3つの心構え

告白する女性

 




 

学生時代に好きだと思っていた人、告白したが振られてしまった人など、恋をしていると「どうせ叶わないだろう」と諦めたくなってしまう瞬間はいろいろあります。

そんな恋でも、考え方とアプローチの仕方によっては、成功するかもしれません。

 

諦められない恋を成功させる3つの心構え

では、その方法について見ていきましょう。

 

一つ目は、「長期的な視点で考える」

その恋は、「今叶わないから」というだけで諦めてしまえるレベルのものでしょうか。

本当に相手のことを思っているのであれば、「一生のうちに、ちょっとでも相手に愛される瞬間があればよい」というように考えてみましょう。

仮に、「あなたに好意を寄せている人がいるが、あなたはその人に全く興味がない」という状況だったとしましょう。

しかし、その相手が70歳になっても好意を持ち続けてくれたとしたら、どう思うでしょうか。

恋が叶うというのは、今すぐに両思いになるということととは違います。

このように「恋が叶う」の定義を、再考してみましょう。

 

二つ目は、「連絡はたまにする」

振られた相手に何度も連絡をとるのがタブーなのは、一般常識といえます。

気にかかるのは仕方ないとしても、やはりしばらくは連絡をとるのを控えたほうがよいでしょう。

相手が今の時点であなたに興味がない場合、頻繁に連絡すると、相手からは「完全になし」と思われてしまうおそれもあります。

いちばんよいのは、年に1~2回ほど送る「忘れていない」というサインです。

それも、誕生日当日などよりは、その数日前かふとしたときに送るのが最適です。

そのくらいのレベルでのつながりを持っておけば、昇進や異動などのイベントがあった際に、「久しぶりに会ってみようか」という方向に話が流れやすくなります。

これもすぐにはそうなりませんが、そのチャンスを自然に待っておくのが重要です。

 

三つ目は、「この瞬間を生きる」

時間がかかりそうな恋は、駆け引きに頼ってはいけません。

駆け引きが効果があるのは、「その恋が失敗してもダメージがない」などという場合に限られます。

あれこれと考えるよりも、今この瞬間を精いっぱい過ごすことが大切です。

相手が手の届かない存在だったとしても、一緒にいるときは精いっぱい楽しみましょう。

その姿は、相手からも魅力的に見えます。

 

まとめ

まず、相手に会えたことに感謝しましょう。

そして、会ったときに何も起きなくても、「会えただけでよかった」と思うようにしましょう。

そのようにとらえ、長期的な視点で相手に必要な存在になっていくことで、叶わないと思えた恋も叶うかもしれません。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。