お局の機嫌をとる上手な褒め言葉集まとめ!これを言えばその場は一安心

ヴィンテージカーと女性

 




 

職場で最も厄介な人は、「お局」と呼ばれる人です。

ちょっとした事で小言をグチグチ言い、気に入らない人に対しては冷たく当たるのが特徴です。

あまり関わり合いたくないものの、仕事をすすめる上では、どうしても避けられません。

仕事を円滑にすすめるためにも、お局の機嫌を取る上手な褒め言葉をまとめます。

 

タイミングを誤るな

お局に褒め言葉をかけるには、タイミングが重要です。

どんなに素敵な褒め言葉でも、タイミングを見誤ってしまったら、機嫌を損ねてネチネチいじめられるのがオチです。

「お局による」と言われると反論はできませんが、基本的に面倒なお局は気分屋が多いです。

喜怒哀楽の差が激しく、周りにとってはいい迷惑以外の何者でもありません。

機嫌が悪くなると、「今日はいい天気ですね」という言葉だけでも機嫌を損ねてしまう恐れがあります。

そんな中で変に褒め言葉をかけてしまうと、「バカにしているのか」と激昂します。

機嫌が悪い場合、言葉をかけるのは必要最低限に留めておきましょう。

褒め言葉をかけるのなら、お局の機嫌が良い時です。

「太陽みたいに素敵な人ですね」と言えば、ご飯の1つも奢ってくれるでしょう。

ベタで臭い褒め言葉ですが、機嫌が良い時のお局はありきたりな褒め言葉でも、嬉しく感じるものです。

 

日常会話は慎重に

では普段は、どういう褒め言葉をかければ良いのでしょうか?基本としては、お局の話を終わりまでしっかり聞くことです。

1秒でも話を聞きたくないと思われるでしょうが、我慢して下さい。

そして「わかりました」としっかり伝えて、お局が話したことを実行します。

褒め言葉を無理に考えなくても、お局の言うことを聞くだけでも機嫌は良くなります。

そもそもお局が小言を言うのは、「彼等にとって良いこと」と本気で思い込んでいるからです。

聞かされる本人は精神的にも疲弊して、今すぐにでも仕事に戻りたいという気持ちはあるでしょう。

また話の内容が間違っている場合が多いので、イライラも募ります。

でもお局は、新入社員や若手社員が迷惑を被っていることには、気がついていません。

寧ろ彼等のために良かれと思って話しているのです。

お局は同じ職場で、何十年と働いているベテランです。

「私が会社を支えてあげた」と、いう自負もあります。

経験を積んでいるため、絶対的な自信を持ち「私こそがルール」という思いも持っているほどです。

だからもし、自分の言っていることに対して否定的な意見を出すと、大変です。

しかも否定意見を出した人が入社数日だとしたら、機嫌はどん底に悪くなるでしょう。

気の利いた褒め言葉が出てこない場合は、「わかりました」というだけでも機嫌は良くなります。

そしてお局の言うことを実行して成果を挙げることこそが、お局に対しての最大の褒め言葉です。

 

お局を持ち上げることを忘れずに

関係を上手く築きたいという理由でお局と接する場合、褒め言葉としては「持ち上げること」を意識してみて下さい。

仕事をお局から教わった場合は、「ありがとうございます。○○さんの仕事のやり方は為になります」と伝えてみましょう。

お叱りを受けた時は「○○さんのお陰で目が冷めました」と、敢えて感謝の言葉をかけるのも有効的です。

お局はプライドがかなり高いので、彼女のプライドをくすぐってみて下さい。

プライドが高くなればなるほど効果は発揮し、心強い味方となってくれるでしょう。

 

プライベートに首を突っ込むのはNG

褒める上で注意したいのは、年齢やプライベートに突っ込んだ褒め方をしないことです。

お局の多くはアラサーかアラサー以上で、独身です。

「結婚なんて興味はない。仕事一直線」と言っている人ほど、結婚願望は誰よりも強く持っています。

だから「○○さんは良い人なのに、結婚できないのはおかしいですよね」と言ってしまうと、殴られるどころの騒ぎでは済まされません。

仕事上での関係になるので、お局を褒める時は「仕事が出来る人」ということを意識して、褒めるようにして下さい。

 

まとめ

お局は果たして、本当に“お局”なのでしょうか。

年齢関係なく、人間は嫌な部分をクローズアップしがちです。しかも一度「嫌だ」と思った人に対して、ほんの些細な行動でも嫌悪感を覚えます。

どんなに嫌な人であっても、どこか必ず良い部分はあります。

良い部分を見つけて褒めれば、どんなタイプの人も上機嫌になるでしょう。

お局と接する時は、大人の対応を心がけて下さい。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。