彼氏がオンライン(ネット)ゲームで浮気寸前?女性とのチャットする男の心理とは

パソコン中毒者

 




 

家庭用ゲーム機や携帯用小型ゲーム機はもちろん、最近ではスマホでも高画質で高機能なオンラインゲームができるようになったので、プレイヤーの人口はここ数年でググッと増えた。

普段ゲームなんてしないような若い女性も年々増加中です。

最新ネットゲームの特色として、プレイ中にリアルタイムで不特定多数の人間とチャットトークできることだ。

中にはカップル機能や結婚機能という、ゲーム内での疑似結婚することも楽しめる要素が珍しくない。

 

彼氏はネットゲームで浮気するの?

彼氏が夢中になって毎日毎日スマホをいじっていると思えば、コンピューターではなく、本当に実在する生身の人間とチャットで嬉しそうにコミュニケーションを交換している。

これにゲームという主体要素がなければ、ただのマッチングアプリにしか思えない女性も多いのではないでしょうか。

彼氏はどんな気持ちでオンラインゲームをしているのか、男性心理について解説したいと思います。

 

実際に会って浮気に走る可能性はゼロではない

まず大前提として、ネットの中で見知らぬ異性とチャットしながらゲームする男性の心理は、一言で表すと「楽しい」これにつきます!

ただ黙々とプレイしたいなら、テキストの交換なんてじれったい面倒な作業ありません。

彼女とのラインでさえ返信が遅かったり交換頻度が少なかったりするのに、オンラインでは積極的に他の女性とチャットしているということは、ゲームという垣根を越えて異性とのコミュニケーションを純粋に楽しんでいるほかありません。

 

女性から誘ってきたらピンチ

とはいえさすがに現実とバーチャルの区別はついていることがほとんどです、しかし特定の女性と毎回毎回ログイン時間を合わせて遊んでいたり、その女性と数ヶ月も長い期間フレンドでいる場合は注意が必要です。

一緒に遊ぶ時間が長ければ長いほど、チャットの内容もどんどんプライベートよりな内容になりがちです。

モンスターを倒すようなゲームであっても、のんびり農園を作るアプリであっても、ゲームについて話し合うことなんて最初の数日でネタ切れです。

1ヶ月以上も互いのマッチングが進んでいるようなら、会話も自然とリアル世界に近いものへシフトしていくはずです。

そのまま歯止めなく進んでいけば、住んでいるエリアや仕事の内容など普通に話すようになります。

そしてもし、地域が近かった場合、実際に会うことも想像しないこともないでしょう。

しかしネットで知らない人と会うのは男性は平気でも、女性が抵抗あります。

なので、男性でしかも彼女がいる男は、ここまできても浮気に走る可能性が低いでしょう。

しかしあまりにも彼氏の言葉の使い方が上手で、女性の心を掴んでしまっていた場合は、相手の女性は警戒心を薄くして実際に会いたいと思うようになるかもしれません。

そうなってしまうと男の信念は弱いもの…

彼女にバレなきゃ大丈夫かな?

このようにしてズルズル時間をかけて、ネットゲームから浮気へと状況が変わってしますケースもゼロではありません。

 

彼女はどうしたらいいの?

必要以上に心配することはありません。

あなたもゲームの世界に入り込んで、チャットでいちゃつく2人の間に正義の剣を差し込むこともする必要はありません。

浮気をしてしまう男性の心理は、現状が幸せだからです。

「現彼女は自分のことが大好き」

このような自覚がある男性こそが浮気をします。

何も不安なことがないから、浮気をしても彼女はいつまでも彼女でいてくれると思っています。

万が一バレても、フラれるなんてことはありえない!

このように自信満々なのです。

無駄に追いかけるから、男は調子にのって浮気をしてしまうもの。

泳がせておいて簡単に浮気してしまう彼氏なら、小物レベルの男だったと思って吹っ切ってください。

ゲームばかりさせて放っておいてください。

必ず飽きます。

その間すこしでも甘えたり、彼氏が安心するようなサービスをしてはいけません。

浮気される女性の多くは彼氏に甘すぎる傾向にあります。

オンラインゲームで浮気してしまう彼氏も悪いですが、そうさせてしまう甘い環境を作り出している彼女の優しさもまた1つの原因になります。

 

まとめ

オンラインゲームに夢中で他の女性と嬉しそうにチャットしている彼氏は、そのまま泳がせておきましょう。

こんな状況で浮気してしまう男は、その程度の男です。

目の前に好きな人を見ずに、ネットゲームのアバター(キャラクター)に身を隠して謎の女性を好きになるなんて、本当に経験のない格好悪い人なので放っておきましょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。