物覚えが悪い理解力がない人が効率的に知的になれる方法3選

メガネをかけた知的そうな女性

 




 

物覚えが悪い、理解力がないとなると生きていて辛いことが多々あるでしょう。

でも安心して下さい、次の3つのことを実行すれば効率的に知的になれるに違いありません。

ぜひ実行してみて下さい。今後のあなたの人生が確かに変わってくるでしょう。

 

効率的に知的になれる方法3選

 

1.物覚えが良く理解力に秀でている人を見つけて活用する

学生なら学校で、社会人なら職場で、自分より物覚えがよく理解力がある人を意識的に探しましょう。

必ず一人はいるはずです。そういう人は分からないことがある時質問すれば分かりやすく説明してくれます。

それに従って行動すればいいのです。性格が悪くて教えてくれない人はNGです。

中にはそいうい人もいるので性格も考慮するといいでしょう。

でも、たとえバカを軽蔑するようなタイプであってもおだててヨイショして教えてもらうことも出来ます。

プライドを捨ててその場をしのぐために褒めちぎって知識を利用するといいでしょう。

 

2.ネットで検索のスキルを上げる

スマホは持ち歩いていることが多いと思うので、物覚えの悪さも理解力のなさもスマホのネット検索でフォローするようにしましょう。

全く覚えられないことはとりあえず、スマホのメモ機能に記録しておきます。

それでもしその記憶が必要な時は、そのメモを見て答えるようにすればいいのです。

どこに記録したかだけは覚えておく必要があります。

分かりやすいカテゴリーを作ってそこに記録しておくといいでしょう。

全く理解出来ないことはいつまで考えても分からないので、どうしても話したり説明しなければならな場面ではスマホの画面を見てもらったり、読み上げたりして相手に伝えるといいでしょう。

大きな項目を読み上げれば伝わる場合が多いです。

堂々とした口調で大きな項目を間を開けて読み上げるといいでしょう。

いかにもよく知っているかのように聴こえる事間違いなしです。

 

3.自分が好きなことで脳トレ

物覚えが悪い理解力がない人というのは、イコール頭が悪いと片づけられてしまうことが多いでしょう。

でも、脳は鍛えればいくらでも良くなることを認識しましょう。

頭が悪いということを言い訳にしないで、自分の興味があることでいいので頭を使うように努力しましょう。

頭は使わなければどんどん悪くなります。

つまり年を追うごとに益々、物覚えは悪くなり理解力もなくなるということです。

だからゲームとかスポーツとか自分が興味が持てることで良いので名前を覚えたり、やり方や勝ち方を理解したりすることに頭をフル回転させて脳トレする習慣をつけましょう。

 

まとめ

物覚えが悪い理解力がない人が効率的に知的になれる方法を3つご紹介しました。

  1. 自分より頭が良いだろう人を探しその人の頭を活用する
  2. スマホを持ち歩きネット検索を活用する
  3. 興味があることで少しでも脳トレする

この3つです。少しでも記憶力、理解力のなさをカバーして今後の人生を生きやすくするようにがんばりましょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。