物覚えが悪い人が感じる「つらい」と感じる瞬間3選を紹介

電球の中に入った青年

 




 

年とともに記憶力は減退していきます。

いつまでも若いと思っていても、現実はそう甘くなく、いつも間にか物覚えが悪い人になっているのです。

物覚えが悪いと辛いことが多いです。今回はそんな人が辛いと感じる3選を紹介します。

 

物覚えが悪い人が感じる「つらい」と感じる瞬間3選

 

道に迷う

まず、物覚えが悪くなると困るのが道に迷うこと。

若い頃は一回行けば覚えれた道も、年と共に、数回繰り返さなければ覚えれなくなり、辛いです。

そんな場合は、車に装備されたナビを活用することが解決策となります。

最初にナビに指示してもらい、繰り返し同じ道を走っていれば自然と通い慣れ道となり、そのうちナビ無しでも走行することが可能になります。

しかし、徒歩の場合はこの限りではありません。

その場合はやはり会社への道は記憶を頼りにするしかなさそうです。

 

人の名前を忘れる

次に困るのが人の名前を思い出せないことです。

これは、数多くの人が体験していることではないでしようか。

会社で新規に入ったときなど、この作業が最初の肝心となります。

相手の名前を言わないと相手に失礼に当たりますし、作業効率も悪くなり辛いです。

人の名前はその人の特徴を捉え、名前と結びつけることにより解決されるはずです。

この方法で先輩方の名前を最初に覚えておくのが良いでしょう。

 

仕事の覚えが悪い

最後に、一番辛いのが仕事覚えが悪いことではないでしようか。

普通の人が1回で覚える所をすぐに覚えておかないと、先輩に何度も聞くことになり、辛いです。

相手が怒っていないか心配になってしまうものです。

そんな人は、必ずポケットにメモ帳を忍ばせておきましよう。

先輩から言われるたびにメモを残しておけば、2回聞くことは必要となくなりますから。

先輩との人間関係も円滑となる有効な手段です。

あとは自分で体を動かして仕事を覚えてみることです。

頭で理解するより、実際に体を動かして体で覚えさせた方が上達も早くなります。

あとは開き直りです。

最初は誰しもが物覚えは悪いものと割り切ることです。

そうすることにより、リラックスして仕事に取り組めるようになり、自然と上達も上がるというものです。

要は気の持ちようと言えるかもしれません。

以上述べた3選は、ほとんどが仕事に関連する事柄ですので、非常に重要と言えます。

これをおろそかにしてはあなたの未来は開けないかもしれず、注意が必要です。

 

まとめ

物覚えが悪いことは、仕事を行う上において大きな障害となるものです。

そのうち何とかなるさと、気軽に考えていないで。積極的に自分を改善していくことが重要です。

そうすれば、早く仕事も覚えられて、職場での人間関係の構築もスムーズにいくことにつながります。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。