陰キャなのにうるさい人の特徴4選

孤独な女性

 




 

普段は大人しく前に出ない陰があるキャラクターを略して、「陰キャ」と呼ばれています。

性格の関係性なので致し方ない部分もありますが、うるさい人となると困ったものです。

陰キャなのにうるさい人に見られる、4つの特徴について取り上げます。

 

陰キャなのにうるさい人の特徴4選

 

①スポーツ(チームプレイ)が大嫌い

陰キャなのにうるさい人の特徴1つ目は、スポーツを憎んでいることです。

もしプロ野球の話を持ち出そうものなら、どういう反応するかわかりません。

ラグビーW杯で盛り上がった様子を見るだけで、憎しみが沸々と湧いて出てきています。

スポーツを憎んでいる理由は、チームワークが重要になるからです。

陰キャは、チームを組んで何かを成し遂げることを苦手としています。

チームに迷惑をかけて攻められた過去を持っているため、スポーツには憎しみを抱いているのです。

 

②陽キャが苦手

陰キャなのにうるさい人の特徴2つ目は、陽キャに苦手意識を持っていることです。

陰キャは陽キャ特有の明るいキャラに、どう対応して良いのかわかりません。

陽キャが「おはよう」と元気よく声をかけようものなら、「どうやって挨拶を返せば良いのか」「相手が傷つかないで挨拶をするにはどうしたら良いのか」と考えがちです。

裏には相手を傷つけたくないという気持ちがあるのですが、つい考えすぎる傾向にあります。

 

③一度心を開いた相手には良く喋る

陰キャなのにうるさい人の特徴3つ目は、心を開いた人にはガンガン喋ることです。

陰キャにとって、初対面の瞬間ほど恐ろしいものはありません。

しかし心を許せる相手だとわかると、マシンガンのように喋り倒します。

陰キャは普段何も喋らず隅にうずくまっていますが、本心は喋りたいのです。

なら喋れば良いのではと思われるでしょうが、人の目が気になってしまい、体はフリーズ状態に入ります。

フリーズ状態を解除できるのは、陰キャが心を開いた人のみです。

 

④キレると収拾がつかない

陰キャなのにうるさい人の特徴4つ目は、一度怒り出すとかなり怖いことです。

どんな人でも怒り出すと、近づくのをためらうほど怖く感じます。

でも陰キャの怒りは、他の人とは比べ物にならないほどの恐怖です。

恐怖の理由は、普段は感情に出さないため、怒りを溜めこんでいる傾向があるからでしょう。

他の人が激怒するような行為でも、陰キャは怒りを見せることはありません。

普段あまり怒らない人が怒った時ほど、怖いものです。

 

まとめ

陰キャなのにうるさい人の心理は、「自分を認めてほしい」です。

認めてほしいのなら自己アピールをするに越したことはありませんが、陰キャは自己アピールの方法がわかりません。

もし周りに陰キャでうるさい人がいれば、「あなたのことを見ています」と伝えてあげて下さい。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。