恋人にすら心を開けない女性…どうすれば打ち解けられる?

仲間外れのアヒル

 




 

他人に自分のことをわかってもらえるようにふるまい、社交的な人もいますが頑なに心を閉ざし心を開けない人もいます。

心を開かない人は社交的ではない人が多いと思われがちですが、社交的な人でも心を開かない人もいます。

 

心を開くのが苦手…上手にコミュニケーションをとる方法

心を開かない人の特徴で大きいのは社交的ではない人、一般的に大人しいと言われる人が多いのではないでしょうか?

基本的に人付き合いが希薄という特徴があり、人付き合いが苦手であったり、人との話し合いを避ける傾向にあります。

またコミュニケーションをとる場においても常に受け身の姿勢であるので会話が発展しないということもあります。

臆病で本音で話すのが怖いという人もいるでしょう。

社交的な人であっても、いつも自分の事は話すことは少なく、気づけば人の話ばかりという人もいます。

自分が本音で話すことにより、自分が他人にどう見られているのか、自分の他人からの評価が気になり本音を話すことができなくなるのです。

 

秘密主義な人には自分の弱みを見せる

また本当の自分を知られたくないという秘密主義な人もいます。

他人からの評価が気になるというのではなく単純に自分を知られたくないからコミュニケーションを取らないというタイプの人です。

さまざまなタイプの心を開かない人に対して、強引に心を開かせるということは不可能です。

まずは自分から心を開いて自分の事話す、特に自分の弱いところや失敗談などを話してみるということはおすすめです。

 

話すときは目をみすぎない

心を開かない人は、常にコミュニケーションを取ることを警戒しています。

自分の弱いところや失敗談などを離すことにより心を開かない人も安心することもあるのです。

話す時に目をじっくり見ないで話すということもお勧めです。

 

心を開くには時間がかかるものだと理解

心を開かない人は他人とニケーションを取るときとても緊張しています。

必要以上に近づいたり、目を見られることによりさらに緊張することがあるからです。

また自分が弱いところや失敗談を話したから、すぐに相手にも同じことを強要しないようにすることも大切です。

心を開くというのはそれなりに時間がかかることです。

これまで誰にも心を開いてこなかった人に、一度のコミュニケーションで変わるというのは難しく、じっくり時間を取り信頼関係を築いていくことも大切なのです。

 

まとめ

心を開かない人は基本的にコミュニケーションが苦手な人が多いですが、心の中では自分の事をわかってくれる人に出会いたい、お話したいと思っています。

心を開かない人の心を開くには、じっくり時間をかけて信頼関係を築くことが大切なのです。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。