うざい上司の3つの特徴!自虐ネタ・言い訳・いいとこ取り…

うざい上司の画像

 




 

うざい上司っていますよね?

相手にするのが本当にしんどくて、毎日会社に行くのが嫌になるくらい・・・。

うざい上司の特徴を理解して上手にかわせるようになりましょう。

このコラムでは、そんな上司の特徴を3つご紹介しますので一緒に勉強してみましょう。

 

うざい上司の特徴1 自虐ネタが多い

上司は軽いつもりで話の途中で自分を卑下するようなことを言ってきて、笑いを取ろうとしてきます。

あれって部下からしたら単純に反応に困るってもんです。例えば、「~普通の人は分かるんだろうけど、バカな人には分からないんだよね、俺みたいなw」といった感じでぶっこんできます。

反応せずにいたら認めているみたいだし、反応するとウケたと思ってますます放り込んでくるし、始末が悪いですよね。

しかも、自虐ネタってネガティブな言葉なので聞かされてる方としては気分が悪いです。ネガティブな言葉って脳が勝手に反応して心が落ち込むようにできているんですよね。

やめていただきたいものです。

 

うざい上司の特徴2 仕事を振るときに言い訳をする

上司が仕事を振るのは当たり前のことですが、そのときに責任感のなさが露呈するのは部下としては悲しいです。

例えば「この仕事、社長が君にやれって言ってるようだ」とか「(部下に仕事を振りながら)社長もこっちに仕事振るなよな、忙しいのに(チラ)」とかです。

部下だって必要な仕事ならきちんとやりますし、不平不満だってありません。ですが、上司が言い訳をしながら仕事を振ってきたりするのには堪えられません。

部下としては「いいから、早くやりましょうよ、そんな話聞きたくないよ!」といった感じだと思います。

 

うざい上司の特徴3 成果は自分のもの、失敗は部下のせい

要はいいとこ取りの人間ということです。

部下が完成させた仕事を上司が上に上げて自分の成果として報告したり、失敗したら部下のせいにする、または部下に具体的な指示をしなかったがために失敗した、といったケースです。

こんな自己中心的な上司はうざいですよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?あなたの職場のうざい上司に当てはまるような特徴はありましたでしょうか?職場の上司を観察し、特徴を捉えて対策を練れば上手なかわし方が分かるかもしれません。

うざい上司のために大好きな仕事を辞めるようなことがあっては損です。うざい上司に負けないようにしましょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。