なぜコンビニ店員はメルカリ便を嫌がる?3つの理由を紹介

段ボールのイメージ写真

誰もが経験したことがあるでしょう。

コンビニにメルカリなどで宅配物を預けるとき、なんだか嫌な顔をされたことが。

コンビニバイト経験がある人は、この記事を読まずとも気持ちが分かるはず。

コンビニバイト経験のない方に向けて、実際店員がどんなことを考えているか紹介します。

 

①周りの人間に負担・迷惑をかける

一番の理由がこれ!

メルカリ便や普通の宅配物を受けるタスクは、1件あたりの時間がかかるうえ、バイト1人のリソースが完全に奪われてしまいます。

掃除や補充などの業務は、すぐに手を止めてレジ応援できますが、メルカリは手続きが終わるまで時間をとられてしまうのです。

  1. 1台のレジが完全にストップする
  2. もう1代のレジに客の列ができる
  3. もう1人のバイトにも他の客にも負担となる

といった具合に、メルカリ便をさばくのはバイト仲間だけでなく他の客にも迷惑がかかるため、対応者は嫌な顔をしてしまいます。

とくに慣れてない新人さんがメルカリ便をさばくときは、非常に時間がかかり最悪です。

 

②イレギュラー対応が多すぎる

不備なく書類関係や荷物の梱包をしていただければ、そこまで時間はかからないのですが、中にはレジの前でいろいろなトラブルを持ち込む客もいます。

  • 厚さ3cm以上あるのに、ネコポスで送ろうとする人や…
  • 郵送方法を基本から聞いてくる人や…
  • ゆうパックの伝票をレジの前で書き出す人など…

中には送り先の住所がわからないといった意味不明な人もいます。

イレギュラーな対応が多すぎて、店員も嫌な顔をするのです。

最近は、かなり簡素化されてトラブルも減ってはきましたが、まだまだ手続き方法を理解していない客の対応に追われるのが、昨今のコンビニ店員でしょう。

 

③面倒なうえミスったときの責任重大

コンビニによってはメルカリだけでなく、ゆうパックやヤマトの取り扱いもあります。

お客の指定に合わせて、こちらも料金の設定をレジに入力するので、この際に誤った情報を打ってしまうと大問題です。

ゆっくりやればミスもなくなりますが、のんびりしすぎてると片方のレジが行列に…

急いで入力してミスってしまえば、オーナーや店長にうるさく叱られます。

なので嫌な顔をするしかないのですw

 

まとめ

メルカリなどの発送を受ける業務は、面倒・周りに迷惑・ミスしたら大変という理由があり、みな店員は嫌な顔をしがちです。

優秀な店員は器用かつスピーディーにこなすので、ストレスもなく余裕。

なので仕事ができそうな店員を見定めて、レジを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。