ママ友に子守りや子供の預かりをお願いされる…うまく断る方法とは

ママ友の食事会

 




 

普通の友人関係と違い、ママ友というのはよくも悪くも特殊なつながりです。そこにどうしても自分の子供が絡んでしまう事から、何かあると自分だけのこととして割り切ってしまう事の出来ない非常に厄介な関係といっても良いでしょう。

そういうやり取りの中で「ママ友に子守りや子供の預かりをお願いされる…」「うまく断る方法はないかしら」というストレスを抱えている人も多いでしょう。そういった厄介なママ友にはどのように断れば良いのでしょう。

 

信頼できるママ友は本当に心強い

ママ友というものは、子供を通して初めて成り立つ関係です。お互い様、という意識が根底にありますから、何かと子供絡みで助け合えることもあり、悪い面ばかりというわけではありません。

現に、ママ友のお陰で助かった、ということは母親であれば誰しも体験することでしょう。お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが同居していたり、近くに住んでいれば、気軽に頼めるでしょうが、誰も身内が近くにいない状態での子育てというもの何かにつけて心細いものです。

そんなときに親しくできるママ友が一人でもいると、ストレスはうんと軽いものになったりするのもまた事実です。

 

良きママ友でも節度ある対応が取れないと危険

ただし、その親しさにも条件と節度が必要です。いくら親しいママ友とはいえ、いや、親しいからこそ、常識や節度を持って接していかないと大変なことになります。子供を通しての付き合いであるため、子供が幼い時から学齢期に至るまで、ほとんどはずっと顔をあわせていかなければならないため、それなりに礼儀を保っておかないと、「あの人はずうずうしい」「常識がない」などと言われ、あっという間にそれとなくお仲間から外されてしまうでしょう。

特に女性同士はそういった些細な言葉遣いや態度には敏感で、一度疎まれるとなかなか信用を回復するのは難しい関係であるともいえます。そういった危うい、当たり障りのない関係のまま何事もなくママ友の時期を過ごせればよいのですが、中にはとんでもなく甘えた考え方、大人になり切れていない自己中心的な考え方しかできないママ友が一定数いることも確かです。

 

想像力が足りないママ友とは付き合うな

例えば、専業主婦を暇なものだと勝手に思い込んで、「自分は仕事をしているから」という勝手な理由で相手の都合なんかお構いなしに子供を預けて自分の時間を作ろうとするママ友。

仕事の時間が終わってすぐに迎えに来るでもなく、仕事から帰宅後しっかり自分の家の家事を済ませ、着替えまでしてのんびり預けた子を迎えに来るずうずうしいママ友。

預けられた方だって暇なわけではなく、自分の家には自分の時間の流れがあり、それを他人の子供のためにかなり犠牲になることは否めないのです。

預ける方のママ友にはそんな事情など想像だに出来ないのでしょう。少しでも何かを言おうものなら、「お互い様だからね」とか「(自分の)子供が一人ではかわいそうで…」などと、泣き落としにかかろうとする。ごねれば何とかなろと思っていること自体、非常に幼さを感じ、大人としての良識に欠けていると思わざるを得ません。

 

「子供預かって」をうまくかわす方法とは

では、こういったずうずうしいママ友にはどうやって子供のお預かりを断ればよいのでしょう。

こういうことを迷い、考えるということは「もしこちらが厳しい態度に出て、子供同士の仲が悪くなったらどうしよう」とか、「ママ友が自分の悪口を他のママ友に言うのではないか」という心配から思い切った態度に出られない、という人は多いと思います。

しかし、それは思い過ごしです。まず、子供同士ですが、小学校の学年が上がっていくにつれて「自分に合う友人」というものが分かってくるようになります。

もう親を通した付き合いの必要なくなるので子供が自分の意志で動くようになる、ということです。親の見ていないところでは、仲が良ければ子供同士には全く影響はないと言って良いでしょう。

次にママ友の間で悪い噂をたてられないか、という心配ですがこれもまた全く無駄な気苦労。考えてみてください。こんな自己中心的な人は、もしあなたと縁を切って別の人に取り付いても、その別のママ友も常識がある方ならあなたと同じうっとうしさやずうずうしさを感じることでしょう。そのママ友から疎まれるのも時間の問題ということです。

要するに、そういったずうずうしいママ友にはハッキリ預かれない時には「出来ない」といえば良いのです。どうしてもというなら「○○時には必ず迎えに来てね、そのあとは無理だから」と強気に出れば良いのです。何度言っても約束を破るなら、以後一切そのママ友の要求は受け付けない事。そして距離を置いた方が良いのです。

 

まとめ

以上のように、良識を持ったママ友同士の付き合いが出来ない人には、頼り過ぎてはいけないのだ、ということを学習させる必要があります。それはあなたの生活を守るためであり、さらにはそのママ友のためでもあります。勇気を出して、はっきり出来ないことは出来ない、というべきです。お断りすることは全くせめられる理由などないのですから。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。