小食すぎて外食(付き合い)が辛い…食欲がない女性は男性や友人に嫌われてしまう?

小盛りのご飯

 




 

女性は男性と比べて食が細い人は割と多いのではないでしょうか?

世の中にはいろいろな人がいるので、小食な人がいても不思議ではありませんし、それが女性ならば尚更とも言えるでしょう。ただ、そういう状況を友人や異性はどう思うのか?というのは気になるポイントになると思います。

 

小食だと友人付き合いに不利なのか?

小食な女性を周りはどのように思うのか?小食すぎる女性はあまり好まれないのか?というのは、実際に小食の女性であれば気になるポイントでしょう。これに関しては、少なくとも小食であることが理由で友人や男性が、その女性のことを嫌いになることは考えづらいです。

似たようなケースで言えば、これは男性も同様で、お酒が飲めない人に関してはお酒を飲む人の中に混じるとどうなるのか?

という問題があります。お酒を飲む人からすれば、あれ?飲めないの?という感じで拍子抜けする可能性もありますし、自分が好きな飲み物を飲んでくれればいいと思っている人もいるはずです。

つまり、お酒が飲めないことでどういう反応をするか?どういう気持ちになるか?に関しては、人それぞれだということです。

ということは、何人かで一緒に外食に行き、そこで食事をするというときには、小食であるという部分に関して抱く印象は人それぞれ異なるということが言えます。

別に他人が小食だろうが、どうでも良いという人もいるでしょうし、小食だと印象がイマイチになるという人もいる可能性はあります。ただ、どういう状況においても、小食であることが理由で嫌われるということはまずありえないでしょう。

 

そもそも小食の何が問題?

そもそも小食であることで何が問題か?というと、何も問題はないのです。小食であることで誰かに迷惑になるか?と言えば、基本的にはなりません。

言うなれば、他の人たちが普通に食事をしている中で、自分だけが飲み物だけ飲んでいるような状況があっても、それ自体が何か迷惑になっているわけではないのですから。

だから、人によっては「小食なんだ?」くらいの印象になることは十分にあるでしょうけど、それによって印象がすごいマイナスに傾くことは想像できません。

それに複数人で外食をしているときには、結局は会話がメインになると思います。食事をしながら、会話をすることが重要であると言えるならば、嫌われる原因があるとすれば、それは会話に全く入ってこない場合です。

「私たちと話したくないの?」という印象を抱かれる可能性があり、そういったときにはまさに同性にも、異性にも嫌われる可能性はあります。しかし、小食だろうが、適度に会話に入って楽しく盛り上がっているような状況であれば、その人が小食だとしても、嫌う理由がないでしょう。

したがって、外食を複数人でしているときに特定の人が嫌われることはあるかもしれません。しかし、それは小食であることが理由となるケースはほとんどないでしょう。小食であることが理由というよりは、食事をしている中で会話の中に入ってこないようなケースが該当するのではないでしょうか?

 

そもそも女性の小食は不自然ではない

そもそも女性の場合には小食であることがそんなに不自然には見えないはずです。男性でも小食の人はいますけど、女性の方が少食であるケースというのは割合としては高い気がします。

そういった部分を含めるならば、女性で小食あることを気にする必要はないでしょう。

小食であるという部分は変えようがないので、体質に近いものです。そこは理解している人が多いと言えますから、誰かと一緒に食事をする機会があったときには、そこを気にする必要はないですし、個性の1つくらいに思っておけばいいと言えます。

 

まとめ

小食な女性というのは一緒に外食に行った人たちから嫌われるのか?というと、そういう状況はあまり考えられません。
これは友人であっても、異性であっても同様であり、重要なのは食事中の会話であり、どれだけ食べるか?という点ではないのです。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。