トマトが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

トマトの画像

 




 

ビタミンAやビタミンC、カリウム、食物繊維など様々な栄養素を含むトマトは、リコピンを手軽に摂取できる野菜と人気がありますね。

そんなトマトですが、実は苦手・嫌いという人も意外と多いです。トマトが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、トマトが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

トマトが苦手な理由3選

酸味があって苦手

トマト特有の酸味が苦手という人は多いです。特に熟していないトマトの場合、酸味が強く青臭さもあるので食べにくいと感じてしまうようですね。最近は、品種改良で様々なトマトの種類があるので、甘いトマトなら食べることができるという人もいるかもしれません。

 

食感が嫌い

トマトを口に入れた時、ぐちょっとつぶれるような食感が苦手という人は多いです。また、果肉がはじけるような、口の中で広がっていく感じがたまらなく嫌だという人もいます。中のゼリーっぽい部分の食感が苦手という人は多いです。

 

皮が苦手

トマトの皮が硬くて噛み切れない、飲み込みにくいという人もいます。特に熟していないトマトは、皮が硬いと感じやすいでしょう。皮は、酸味も強いので、トマトの酸味が苦手な場合、よりトマトが嫌だと感じてしまいやすいです。

 

トマト嫌いを克服するには?

酸味や食感、皮がまずいと敬遠されがちなトマトですが、実は美肌効果を期待できる野菜と言われています。トマトに含まれるリコピンは、体内で作ることができないものなので、食べ物から取り入れるしかありません。できれば食卓にトマトを取り入れたいですね。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するトマト嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

ミネストローネスープにする

トマトの食感が苦手という場合は、潰してスープにしてしまうことで食べやすくなります。ミネストローネスープなら、他の具材も入りますし、コンソメスープの素やケチャップも使うので、トマトの酸味も緩和されますよ。

 

トマトクリームパスタを作る

トマトの酸味が苦手なら、トマトクリームパスタを作ってみましょう。トマトクリームパスタは、トマトは使わずトマトジュースを使ってソースを作ります。チーズやベーコンなども入れれば、トマトっぽい味も緩和されますよ。

 

まとめ

トマト嫌いさんは、食感や酸味が苦手という人が多いです。トマトの種類によっては、食べやすいと感じるものがあるかもしれません。ドライフルーツのようにしているドライトマトもおすすめですよ。食べてみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。