ニラが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

ニラの画像

 




 

スタミナがつくと言われている野菜ニラは、ギョーザに入れる野菜の定番ですね。ベータカロテンやビタミンK、アリシン、葉酸といった栄養素を多く含む野菜で、春が旬と言われています。ニラがたっぷり入ったギョーザはとても美味しいですね。

そんなニラですが、実は苦手・嫌いという人も意外と多いです。ニラが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、ニラが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

ニラが苦手な理由3選

辛いから苦手

ニラには、アリシンという成分が含まれています。このアリシンは、ユリ科の植物に多く含まれているのですが、独特の辛みがあるのです。辛い物が苦手だと、ニラの辛さもまずいと感じてしまうのでしょう。

 

臭いから嫌

ニラに含まれているアリシンは、辛さだけでなくニオイも発生させます。ニラの臭いは、食べる時に鼻に入ってくるので、ニオイがダメだと口に入れることが嫌だとなってしまうでしょう。

 

食べた後も口の中で臭う

ニラを食べた後、しばらく口の中が臭い、気持ち悪いと感じる人も多いでしょう。ニラを沢山食べると、口臭も強く出てしまいますね。それが嫌なので、苦手という人もいます。ニラを食べた後に、ニオイを消してくれるものを摂取することで、ニオイを抑えることは可能です。

 

ニラ嫌いを克服するには?

臭くて辛くてまずいと敬遠されがちなニラですが、スタミナ野菜なので、疲れている時には積極的に摂取したいですよね。夏バテ対策にも良いとされています。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するニラ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

醤油を使って味付けする

ニラは、切ることでアリシンが出てきてとても臭うのですが、この臭いのもとアリシンを、醤油と合わせると、旨味成分が出ることが分かっています。そのため、ニラを調理するなら、醤油を使って味付けしましょう。ニラの臭みを抑えて、美味しくいただけます。

 

ニラチヂミ

二ラの辛さが気になるなら、ニラを水で良く洗ってから使いましょう。辛みが抜けます。さらにチヂミにしてしまうことで、ニラ臭さも感じにくくなりますよ。チーズやキムチを入れると、より食べやすくなるでしょう。

 

まとめ

ニラ嫌いさんは、ニオイや辛みが苦手という人が多いです。口の中に残ってしまうニオイは、りんごを食べることで解消されやすくなります。実践してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。