人参が嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

人参の画像

 




 

βカロテンを多く含む人参は、緑黄色野菜の代表ですね。人参は、1年中スーパーで購入できる野菜なので、常備野菜として欠かせないでしょう。人参といっても、様々な種類があり、最近は甘さのある人参も販売されています。甘さのある人参は食べやすいですね。

そんな人参ですが、実は苦手・嫌いという人も意外と多いです。人参が嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、人参が嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

人参が苦手な理由3選

煮込んだ時の食感が嫌

人参は、様々な料理で使われます。カレーやシチューでは定番の野菜ですね。でも煮込んだ人参が苦手という人は多いです。煮込むと、ぐんにゃりとした食感になってしまい、これが美味しくないと感じるのです。特に冷凍のミックス野菜に入っている人参は、ぐんにゃり感が強いのでまずいと感じてしまいやすいでしょう。

 

独特のニオイ

人参の生の香りが苦手という声も多いです。少し土臭いニオイがすることもありますね。人参は、調理方法でニオイは気にならなくなるので、ニオイが苦手という人は克服しやすいかもしれません。

 

色が嫌い

人参の鮮やかなオレンジ色が苦手という人もいます。食べ物なのに食べ物ではないような鮮やかな人参の色を見ると、食べて大丈夫なの?と思ってしまうのでしょう。特に子供の頃にそのように感じてしまうと、大人になっても食べることができないようです。

 

人参嫌いを克服するには?

ニオイや食感がまずいと敬遠されがちな人参ですが、βカロテンを豊富に含んでいるので、美肌効果も期待できる野菜と言われています。美肌効果ありと聞くと、女性は特に食べておきたいと感じるのではないでしょうか。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介する人参嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

すりおろしてホットケーキに入れる

人参が嫌いという人は、人参ケーキを作ってみてください。すりおろした人参を入れたホットケーキは、人参が入っていると思えないくらい美味しくいただけます。人参の色で少しオレンジ色になるので、見た目も可愛く仕上がりますよ。

 

人参クッキー

人参クッキーもおすすめです。人参のくさみを感じることはありません。食感も気にならないのでおすすめです。アーモンドプードルを加えることで、人参のニオイやくさみを消した、美味しいクッキーが完成します。

 

まとめ

人参嫌いさんは、人参入りのお菓子に挑戦するのがおすすめです。人参入りのヘルシーなお菓子なら、人参を美味しく食べることができますよ。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。