なぜピカチュウ・くまモンの頬っぺたは赤いのか?その理由を紹介

チーク

 




 

皆の人気者、ピカチュウ・くまモン。

かわいらしい彼らのトレードマークといえば赤い頬っぺたですね。

彼らの頬っぺたはどうして赤いのか?深くは考えないものでしょうが、一度気になったら理由が知りたくなりませんか?

今回は彼らの頬っぺたが赤い理由を調べてみました!

 

ピカチュウの頬っぺたが赤いのは、生物学的な設定だった!

ピカチュウの頬っぺたには電気袋が入っており、それが赤いことの理由だったようです。

電気袋はピカチュウの元気の源であり、弱った仲間に電気を分け与えて元気にすることができます。

また、木の実を焼く・電気で敵と戦うといった、でんきタイプのポケモンらしい技を使うためのものでもあります。

遊び心がありつつ、リアリティを備えた設定ですね。

ポケモンは生き物として深く考えられて生まれたキャラクターである事がわかります。

子ども達の「なんで?」という疑問にしっかり答えを用意しているところに優しさを感じますね。

こうした細かい作りこみがあることでキャラクターがそこにいるような感覚が生まれます。

ポケモンシリーズが長年にわたって人気を得ているのは、ゲームとして面白いという事のほかにも、プレイするユーザの目線に立った丁寧な設定でキャラクターを作りこんでいることも大きな理由だといえるでしょう。

 

くまモン頬っぺたが赤いのは、熊本県の熱いメッセージだった!

くまモン頬っぺたが赤いのは、熊本県には赤くて美味しい食べ物があるのでぜひ訪れてほしい、というメッセージが込められているようです。

本当に頬っぺたが落ちるほど美味しいようで、くまモンが頬っぺたを落としてしまったことがありました。

多くの方の協力により、無事に頬っぺたは見つかった模様。

よかったね!くまモン!熊本県には農産物、畜産物、海産物それぞれに美味しい食べ物があります。

また、赤い色にはポジティブなイメージが多いこともあるため、熊本県はイメージカラーを赤にしようと試みていたようです。

しかし、熊本の美しい自然の色である茶色、緑のイメージも強いという調査の結果があります。

多くの人が熊本県に持っているイメージカラーは山林の緑ではないでしょうか。

ただ、最近では熊本県と結びつく色がくまモンの頬っぺたの赤に変わりつつあります。

くまモンの頬っぺたに乗せて、熊本といえば赤!というイメージが今も広がっています。

 

まとめ

以上、ピカチュウ・くまモンの頬っぺたが赤い理由でした。

それぞれ、彼らが生まれた背景を考えることにつながる、面白い理由だったのではないでしょうか?

このように身近にある物事の理由を考えると、新鮮な驚きといつでも出会うことができますね!

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。