サーモンが嫌いな人は珍しい?3つの苦手ポイントを紹介

サーモンの刺身

 




 

サーモンは小さいお子様からご年配の人まで、幅広い世代で人気となっているお寿司ネタの1つですね。

お寿司屋さんの人気ネタランキングでも上位になっているネタです。

でも中にはサーモンが嫌いという人もいます。サーモンが嫌いな人はどうして嫌いなのでしょうか。

 

サーモンが苦手な理由3つ

サーモンが苦手な人はサーモンの何が苦手なのでしょうか。苦手と言われている点をまとめてみました。

 

ニオイ

サーモンのニオイが苦手という人は多いです。

魚独特のニオイってありますが、サーモンは特にそれが強く感じられるのでしょう。

お刺身やお寿司は生臭さが強く出やすいので苦手という人は多いです。加熱すると食べられる人もいるみたいですよ。

 

脂っぽさ

脂ののっているサーモンが美味しくて好きという声もありますが、その脂っぽい点が苦手という声もあります。

脂がのっていると口の中で最後まで脂の味が残りますので、それが苦手と感じる人が多いのです。

確かに焼鮭にする鮭とは違って口の中に味が残る感じがありますよね。

 

甘み

サーモンの甘みが苦手という意見もあります。甘みは脂身が多いとより強く感じます。

甘みが美味しいとお子様も好きなサーモンですが年齢とともに食べるともたれるな・・と感じるのかもしれません。

 

サーモンのニオイは消せるの?

サーモン独特のニオイは消すことができるのでしょうか。

ニオイそのものを消すのは難しいですが、できるだけ新鮮なものを食べるとニオイは気にならないと言われています。

お寿司屋さんで食べるサーモンはそんなにニオイが気にならないという人もいるのではないでしょうか。

スーパーで販売されているものは冷凍されたものを解凍しているので時間が経つと生臭さが出てしまいます。

注意しましょう。

 

サーモンの脂っぽさや甘さは消せるの?

サーモンの脂っぽさや甘さは消せるのでしょうか。

生で食べる場合は難しいですが、加熱することで脂を少し落とすことができるので脂っぽさが減らせます。

さらにポン酢などあっさりと食べられる味をつけると、脂っぽさが口の中で残ることも防げるでしょう。

油を使った調理や濃い味付けをしてしまうと余計にお腹にもたれる感じがあるので、サーモンの脂っぽさや甘みが気になる人は、調理方法や味付けを工夫してみてください。

 

まとめ

サーモンが苦手という人が苦手と感じている理由とそれらを解決する方法についてまとめてみました。

サーモンはアスタキサンチンが含まれていてエイジング効果も期待できる食材なので、できれば摂取したいですね。

苦手だけど食べたいという人は解決方法を試してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。