部活の顧問の先生が暴言を吐く?その理由や対策を紹介

叫ぶ男性

 




 

「バッキャローーーー!スポーツを甘く見るなよ、そんなんじゃお先真っ暗だ、小学生からやり直してこい!!」

このように暴言とも捉えられる発言を繰り返す、顧問の先生に遭遇した事はありませんか。

果たして先生は何を思ってこんなひどいことを言うのでしょうか。

先生の心理と暴言を吐く先生の対処法について、紹介したいと思います。

 

部活の顧問の先生が暴言を吐くわけ

学校の先生が乱暴な発言をするのは理由があります。良い意味もあれば悪い意味もあります。

 

とにかくストレスが溜まっている

職員同士のトラブルなのか、家庭内でのトラブルなのか、どのような訳があってイライラしてるのか分かりませんが先生はストレスが溜まっています。

個人的な問題ですが、抑えきれなくなるくらいストレスを抱え込んでしまうと、部活中の生徒に八つ当たりをしてしまうこともあるでしょう。

そのような先生は部活中だけではなく、授業中や休憩時間など他のシーンでも暴言を吐いてしまいがちです。

あまりにもひどい場合は、先生が何かを話すときにスマートフォンの録音機能を使って先生の声をデータに保存しておきましょう。

あなたが本当に先生の暴言によって傷ついた、という意思を表明できるのであれば、秘密録音は4法で罰せられる事はありません。

 

生徒の未来を思っての発言

汚い言葉を並べる先生は一見すると嫌われ者の立場になりますが、ぐるっと1周すると、とても人情深い優しい先生ということがわかります。

表面的に甘く優しく生徒に接してしまっては、いつまでも生徒は成長することができず、部活でも勉強でも結果を残せない子供になってしまいます。

そんな悪い未来をなくすべく、先生は意図的に嫌われ者の立場になって生徒にきつい言葉を並べるのです。

暴言の中に愛があるかどうか、そこが大きな判断基準になるでしょう。

ひどいこと言われたからといって、すぐに熱くなって先生を嫌うのは少し立ち止まってください。

 

部活の顧問の先生に暴言を吐かれたときの対策

上から目線で頭ごなしに暴言とも捉えられる暴言を受ければ、誰だってカチンと頭にくるはずです。

しかしここは一旦落ち着いて対応することで、先生にとっても生徒にとっても良い環境を生み出すことが可能です。

 

他の頼れる先生に相談する

暴言を吐く顧問の先生がいる部活は辞めてしまうことが簡単な解決策です。しかしスポーツクラブとは違い簡単にクラスを入れ替えることはできないので学生は、選択肢が少なくていつも立場が弱いもの。

そうなれば、やはり逃げるのではなくしっかりと問題のある顧問の先生と向き合うことが大事です。

生徒一人で立ち向かっても、すぐにまた暴言によってねじ伏せられてしまうのがオチなので、ここは他の大人の力を借りましょう。

どの科の先生でも構いません。

信用できる先生で、あなたに良くしてくれる先生に、部活の顧問の先生が暴言を吐くことについて相談してみましょう。

その後の展開は、相談してみない限り分かりませんが、意外と第3者の大人が関わることであっさり問題解決することがありますよ。

 

親に相談しよう

学校の先生はみんな自分の立場が大事なので、余計なトラブルに首を突っ込んで問題を大きくしたいとは思いません。

本当に生徒が困っていても、顧問の先生が理不尽でも、何も助けてくれない先生は普通に存在します。

最終手段は自分の両親です。

部活は続けたいけど、顧問の先生の悪態のせいで精神的に追いやられてしまっていることを、保護者に損段してください。

親の一言に込められるパワーは、他の先生の発言力の何倍もの威力があります。

ここは親の出番です。自分は悪くない!被害者だという確信的な判断ができるのであれば、両親をも巻き込んで正面から問題に立ち向かって下さい。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。