オカラが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

オカラの画像

 




 

オカラダイエットブームで一気に注目されたおからは、低カロリーで食物繊維が豊富なので、美容と健康に良い食材です。

大人気のオカラですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。オカラが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、オカラが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

オカラが苦手な理由3選

モサモサした食感が苦手

オカラは、大豆や豆乳を作る際に出るカスなので、水分がほとんどありません。そのため、パサパサしている、モサモサしていると感じてしまい、この食感が苦手という人が多いです。口の中の水分が取られてしまいそうな感じがしますね。

 

味がしない

オカラそのものは味がほとんどありません。そのため、様々な料理で味変できるのが魅力ですが、味付けが上手にできていないと美味しいと感じないのです。上手に使いこなさないと美味しくならない食材です。

 

お腹が張る

オカラには食物繊維がたっぷり含まれています。そのため、食べ過ぎてしまうとお腹が張ることがあります。お腹が張ってしまうのが嫌という人は、オカラを食べ過ぎているかもしれません。

 

オカラ嫌いを克服するには?

現代人に不足しやすい栄養素のひとつ食物繊維を補えるオカラは、値段も安いので積極的に食卓に取り入れたい食品ですね。オカラは、上手に調理すればまずいものではありません。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するオカラ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

お菓子作りに使ってみる

オカラを使ったパンケーキやクッキーなら、オカラのパサパサした感じや、モサモサした感じを減らして食べることができます。バターや油を使うことで、オカラがしっとりするのです。オカラのスイーツなら、ダイエット中の間食にも最適ですね。

 

ハンバーグや肉団子に入れてみる

ハンバーグや肉団子にオカラを入れることで、肉汁も染み込んで美味しく食べることができます。オカラのパサパサした感じやモサモサした感じもありません。味がしないということも解消できます。

 

まとめ

オカラ嫌いさんは、パサパサ、モサモサの食感や味の問題でおからはまずいと思われている人が多いです。調理方法を工夫するだけで、オカラは美味しくいただけるので、挑戦してみてくださいね。ただし、食べ過ぎてしまうとお腹が張る可能性があるので、気をつけましょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。