オクラが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

オクラの画像

 




 

ネバネバした食感が特徴のオクラは、納豆と和えたりとろろと混ぜたりして美味しくいただくことができますね。夏野菜の定番とされています。

そんなオクラですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。オクラが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、オクラが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

オクラが苦手な理由3選

ネバネバした食感

オクラの特徴は、ネバネバです。でもこのネバネバが苦手という人は多いです。特にネバネバ食材全般が苦手だと、オクラも苦手としてしまうようです。口の中がネバネバして嫌、口の周りに残る感じが嫌と感じるのでしょう。

 

見た目が気持ち悪い

オクラの表面は、ふわふわの毛のようなものが沢山ついています。このびっしりとついた毛が気になって嫌という人もいるようです。調理してしまえば気にならなくなるものですが、一度見てしまうと思い出してしまうのでしょう。

 

種の食感が苦手

オクラのネバネバ食感よりも、種の食感が気になるという人もいるようです。オクラの種は食べることができますが、小さくぷちぷちしたものが口の中にあるのが嫌と感じるのでしょう。

 

オクラ嫌いを克服するには?

オクラは、決してまずい食べ物ではありません。食物繊維やカリウム、葉酸、カルシウムなど様々な栄養素が含まれています。できれば積極的に取り入れたいですね。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するオクラ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

油で揚げて食べる

油で揚げることで、オクラのネバネバを感じにくくなります。天ぷらやフライがおすすめですが、オクラが丸ごとだと産毛のような毛を思い出してしまうかもしれません。そこで、細かく切って玉ねぎや桜えび、コーンなどとかき揚げにするのがおすすめです。

 

ネバネバをとろみの代わりに

オクラのネバネバを、とろみ付けの代わりに活用すれば、ネバネバが気にならなくなります。とろみのある和風スープや中華スープとしてオクラを具材に入れましょう。卵やネギ、きくらげと一緒に中華スープの素で煮れば、トロトロ中華スープが完成します。

 

まとめ

オクラ嫌いさんは、ネバネバ食感や種、見た目が苦手という人が多いです。
オクラ嫌いを克服するには、油で揚げたり、ネバネバをとろみとして活用する方法がおすすめです。挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。