アンパンが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

アンパンの画像

 




 

甘くて美味しいアンパンは、菓子パンの中でも昔から馴染みがあり食べやすいので、様々なパン屋さんのアンパンを食べ比べする人も多いです。

美味しいアンパンですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。今回は、アンパンが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

アンパンが苦手な理由3選

甘すぎる

アンパンが苦手という人は、あんこが苦手ではなく甘すぎる餡が苦手という人もいるのです。アンパンの餡には沢山の砂糖が使われています。そのため、甘いものが苦手だとどうしても甘すぎると感じてしまうようです。

 

あんこが苦手

アンパンが苦手という人は、小倉あんが苦手という人が多いです。小豆の粒の食感が苦手、皮を感じる食感が苦手という人が多く、粒あんはダメだけどこしあんなら大丈夫という人もいるのです。

 

あんこが多すぎるから苦手

アンパンの中には、たっぷりとあんが入っているものも多いです。少量のあんこなら美味しいけれど、たっぷりあんこを食べるのはあまり好きではないという人もいるのです。特に薄皮のあんぱんは、ほぼあんこを食べている状態なので餡が多過ぎると感じてしまうのでしょう。

 

アンパン嫌いを克服するには?

決してまずくないアンパンですが、苦手・嫌いという人にとっては、美味しいとは思えないようですね。でも、アンパンは沢山の種類があるので、もしかしたら美味しいと感じるアンパンもあるかもしれないです。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するアンパン嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

高級アンパンを食べてみる

スーパーで購入できるアンパンではなく、有名なパン屋さんのアンパンや通販でお取り寄せできる高級アンパンを食べてみてください。小豆やパン生地にこだわっているので、アンパンの美味しさに気付けるかもしれません。甘さ控えめに作られているアンパンなら、甘いと感じてしまう人も食べやすいでしょう。

 

こしあんを食べてみる

小倉あんが苦手なら、こしあんを選びましょう。アンパンは、粒あんとこしあんがあるので、こしあんなら食べることができるかもしれません。小豆が苦手なら、白あんのアンパンを食べてみるのも良いですね。

 

まとめ

アンパン嫌いさんは、甘さや小豆の粒の食感が苦手という人が多いです。
アンパン嫌いを克服するには、美味しいアンパンを見つけるのが一番です。上品な甘さのあんこなら、甘さを気にしないで食べることができるでしょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。