27才にして誰からも愛されない男性!いかにして今後の人生に華を咲かすか?

広い駐車場に1人ぼっちの人

 




 

27才と言えば、社会経験も男女の恋愛経験も積み重なっていく時期です。

人によっては、身につけた知識と有り余るエナジーとのバランスがちょうどよく重なり合って、これまでの人生の中で最も今が絶好調だと自覚されている方も少なくないでしょう。

しかしこの世には、27才にもなって誰からも愛されないため、人生を輝かせることができずにいる男性が多くいることも事実です。

 

27才で誰にも愛されない男性の人生を輝かせる

誰にも愛されている実感がない人は、毎日一人ぼっちで誰にも会わないで生活していることでしょう。

自分が愛される器を持ち合わせていないということは、自分自身がもっともよく自覚しているはずです。

これまでの過去を振り返る限りは、到底この先も明るい未来なんてない物だと思い込んでしまいますね。

27才で愛されることを知らない男性は、このあと一体どのようにして生きていけば良いのでしょうか。

 

恐怖に怯えないこと

誰にも愛されない自覚している人は、反対に嫌われることも恐れているはずです。

人に好意を持ってもらうということは、同時に反感も飛んでくるので、場合によっては人1人に愛されるために10人に嫌われてしまうなんてこともありえます。

何もアクションを起こさなければ、人に好かれることも無ければ嫌われることもない。

変化が無いので自分の居場所は楽に作ることができます。

しかしそれでは、いつまでも愛される人間になる事は難しいでしょう。

思い切って誰かに絡みついてみましょう。

生涯で地球上全ての人間に出会うことはほぼ不可能と言われています。

世界中の人々全てを敵に回してしまう人なんていません、なので100人のアンチがつこうと1000人の否定的な野次がこようと、構わず自分を信じて行動しましょう。

必ずあなたのことを肯定してくれて、好意を抱いてくれる人間があらわれるはずです。

 

自分を愛して自己肯定力を高めよう

自分で自分自身を否定してしまっては、当然周囲の人はあなたのこと魅力的な人間だと思わないでしょう。

多少「痛い」と呼ばれる人間になってしまっても気にしません!

  • 自分は凄い
  • 自分は最高
  • 自分は幸せ者

このように言い聞かせるだけでなく、辛いことがあっても困難に遭遇したときも、常に思うようにしてください。

はじめは思い込みで構いません。

自分に暗示をかけることで、実際にそれが現実になりえるのです。

 

過去も未来も考えるのをやめよう

過去の事を考えると、恥ずかしい出来事や失敗経験を思い出してしまい、やがて自己嫌悪に落ち込んで自分が嫌いになります。

逆に未来のことを考えると、必ずしも明るい未来を想像できるわけではないので、不安な想像が一人走りしてしまい希望の光を失います。

この世界には過去も未来も存在しません、今という瞬間の連続でこの世は形成されています。

今何をして過ごしていますか?

だらしなく過ごしていたり、下を向いて歩いていたりしたら、修正してください。

今を格好よく生きられない人は、この先もきっと同じような意識のまま変化があらわれないでしょう。

今を強く生きていれば、おのずとその魅力に気づいた何人かの人々が、あなたに興味を持ち始めるはずです。

 

まとめ

27才にして誰にも愛されない男性は、

  1. 怖がらない
  2. 自分を愛する
  3. いまから意識を変える

この3つのポイントを忘れずいつも心がけておいてください。

今は人生のどん底にいるような気分でしょうから、このポイントを少しでも実行できれば、大きな良い変化の時期が訪れるはずです。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。