高い買い物(ヘッドホン)をするときハズレの店員に当たって大損したエピソード

ヘッドホン

 




 

 

【40代前半・にわかオーディオファン】

ずっとiPhoneで音楽を聴いており、20年前に1980円で買ったヘッドホンしか持っていませんでしたが、あるアーティストのことをツイッターで知ってファンになり、ブルーレイ付きのベスト版CDを買いました。

 

高級ヘッドホンとハズレ店員

当然なるべくいい音で聴きたいと強く思いました。

そこでいいヘッドホンに買い換えようと決心しました。普段は買い物はネットショッピングで済ませていましたが、ここはきちんと説明を受けて、聴き比べて、これぞというヘッドホンを選びたいと考えました。

そこで都会へ出て、大手家電量販店のオーディオコーナーに足を運びました。

そこにいた担当の店員に声をかけ、高音質のヘッドホンを探している旨を伝えました。

その店員さんは私が普段はiPhoneで音楽を聴いていること、そしてそのアーティストのブルーレイを観るときだけ、テレビにヘッドホンを接続して聴いていることを私から聞き取ると、適当にこれがいい音がする、と言って、あるヘッドホンを示しました。

しかし、値段も安く、試しに音楽を視聴させてもらったのですが、普段私が聴いているヘッドホンとあまり変化が感じられませんでした。

それを伝えると、今度は値段が6倍もする海外の有名メーカー(当時は私はそのメーカーを知らなかったのですが、業界では非常に高音質で有名なメーカーだという店員の説明を信じました)

それで音楽を視聴させてもらうと、びっくりするほどいい音がしました。

非常に値段が高かったので、かなり迷いましたが、「定価と比べるとかなり値下がりしている上、増税前なのでお得ですよ」という店員の言葉もあり、ついに30000円以上もするそのヘッドホンを買って帰りました。

ワクワクしながらiPhoneに接続して音楽を再生してみると、なんとこれまでの安いヘッドホンと大差ないではありませんか!

ネットで詳しく調べてみると、このヘッドホンはオーディオマニア向けのもので、高級すぎてiPhoneにつないで聴いても性能をほとんど発揮できないとか。

私はそのときの店員に怒りました。30000円以上もしたヘッドホンをこのまま低音質のまま泣く泣く使いつづけるのは到底納得できません。

そこで、ネットを調べまくって対策を考えたところ、アンプというものがあれば、ヘッドホンを高音質化できるかもしれないことを知りました。

最近では小型ながら高性能なものも発売されているようです。

私は怒りに燃えて同じ家電量販店の売り場に行きました。あのときの店員に怒りをぶつけようと思いましたが、同じ店員はいませんでした。

そこで別の店員を呼び、経緯を説明したところ、今度の店員は礼儀正しく、商品知識もある方で、私に高級ヘッドホンを買ってくれた感謝を述べたあと、できるだけ低価格で高性能なポータブル型のアンプを選んでくれました。

「おそらくこのアンプとその高級ヘッドホンを接続すればいい音で聴けるだろう」との説明でした。

高級ヘッドホンを買ったときに貯まったポイントを全部使っても1万円の追加出費になりましたが、買う以外に高級ヘッドホンを無駄にしない選択肢はなく、買って帰ってiPhoneと買ったばかりのアンプ、そして高級ヘッドホンを接続して、そのお気に入りのアーティストの曲を再生してみると・・・素晴らしい音が鳴ったのでした!

 

まとめ

高い買い物をするときは店員の説明に全面的に頼るのではなく、自分でネットを調べまくって、ある程度購入候補の商品を絞って購入するべきです。

それから、店員には当たり外れがあるので、気をつけてください。この店員はハズレだと思ったら、遠慮なく他の店員に代わってもらうか、その人しかいなければ、別の店員のシフトの日に改めて購入するべきです。

手間を惜しんではいけません。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。