板こんにゃくが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

板こんにゃくの画像

 




 

おでんの具として人気の板こんにゃく、ボリュームがあってダイエットにも良い食材として人気がありますね。
そんな板こんにゃくですが、嫌い・苦手という人も多いようです。

板こんにゃくが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。
今回は、板こんにゃくが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

板こんにゃくが苦手な理由3選

食感が苦手

板こんにゃくの食感が苦手という人は多いです。ぷるぷるとしていて弾力がある食感は独特ですね。この食感が美味しいと感じる人もいれば、気持ち悪いと感じてしまう人もいるようです。

 

味が染み込まない

板こんにゃくを調理しても、こんにゃくの味しかしない、味が染み込まないからまずいという声も多いです。確かに、味が染み込んでいないこんにゃくは、美味しくありません。こんにゃくの味しかしなかったら、食べたくなくなるでしょう。

 

においが嫌い

板こんにゃくの袋を開けると、独特のにおいがします。こんにゃく臭さを感じると、調理してもこのニオイが気になって食べることができないのです。メーカーによってこんにゃく臭さに違いはあるものの、一度臭いと感じると嫌いになってしまうのでしょう。

 

板こんにゃく嫌いを克服するには?

においや食感がまずいと敬遠されがちな板こんにゃく、食物繊維がたっぷりと含まれていて、お腹の中をキレイにしてくれます。生活習慣病予防やダイエットにぴったりの食材ですよ。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介する板こんにゃく嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

しっかり味付けする

板こんにゃくのくさみを取るなら、しっかり塩もみして下茹でしてから味付けしましょう。こんにゃくに切れ目を細かく入れて、濃い目の味付けで調理することで、こんにゃくくささも気にならなくなりますし、味が染み込まないという悩みも解決できます。

 

こんにゃくゼリーから挑戦してみる

市販されているこんにゃくゼリーは、食べやすく加工されているモノが多いです。まずはこんにゃくゼリーからこんにゃくに慣れて嫌いを克服していくという方法もおすすめです。こんにゃくゼリーならこんにゃくのくさみや食感も控えめなので気にならないでしょう。

 

まとめ

板こんにゃく嫌いさんは、においや食感が苦手という人が多いです。
板こんにゃく嫌いを克服するには、下処理と味付けがポイントです。
濃い目の味付けにすることで、食べやすくなるでしょう。挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。