アボカドが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

アボカドの画像

 




 

森のバターとも呼ばれているアボカドは、美肌効果が高い野菜として女性の間で大ブームとなっていますよね。
そんなアボカドですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。

アボカドが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。
今回は、アボカドが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

アボカドが苦手な理由3選

食感

アボカドは、ぐじょっとした食感をしています。この食感が苦手という人は多いです。特に熟しているアボカドは、どろどろになっています。スプーンですくって食べても食べにくいと感じるでしょう。

 

もたれる

森のバターと呼ばれているアボカドは、脂質を多く含みます。そのため沢山食べると胃もたれしてしまう人もいるのです。最初は美味しく食べていたけれど、途中で気分が悪くなってしまい苦手になったという人もいます。

 

青臭い

アボカドが熟していない場合、青臭いニオイがすることがあります。このような状態だと、固いので食べにくいです。熟したアボカドが苦手という人もいれば、熟していないアボカドが苦手という人もいるのです。

 

アボカド嫌いを克服するには?

アボカドは、決してまずい食べ物ではありません。栄養も豊富なので、できれば食卓に取り入れたいですね。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するアボカド嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

わさび醤油であっさりといただく

アボカドの油っぽい感じが苦手なら、わさび醤油で食べてみましょう。アボカドをスライスしてわさび醤油で食べるだけです。アボカドは、熟しすぎず青すぎないものを用意してください。わさび醤油なら、油っこさが緩和されてさっぱりします。

 

アボカドとチーズのトースト

アボカドはチーズとの相性が良いです。チーズと組み合わせることで、ぐじょっとした食感や青臭さも気にならなくなるでしょう。スライスしたアボカドをパンにのせて、上からスライスチーズをトッピングして、トースターで焼くだけです。栄養満点の朝食になります。

 

まとめ

アボカド嫌いさんは、柔らかい食感や青臭さ、油っこい感じが苦手という人が多いです。
アボカド嫌いを克服するには、さっぱり食べる方法、食感や青臭さが気になるなら、チーズを組み合わせる方法がおすすめです。挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。