青ピーマンが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

青ピーマンの画像

 




 

子供が苦手な野菜として有名な青ピーマン。
大人になってもやっぱり苦手を克服できない・・・という人は多いようです。

青ピーマンが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。
今回は、青ピーマンが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

青ピーマンが苦手な理由3選

苦み

青ピーマンは、独特の苦みがありますね。口に入れた瞬間まずいと感じてしまうのは、この苦みがあるからという人は多いです。青ピーマンの苦みは、ポリフェノールの一種クエルシトリンという成分が関係していると言われています。

 

青臭さ

青ピーマンの青臭さが気になる・・・という人も多いです。青臭さはピラジンという成分が関係しています。鼻からのニオイと口に入れた時の苦みを感じると、これは食べられない・・・と感じてしまうのです。

 

におい

青臭さと似ていますが、ピーマンのにおいがダメという人も多いです。口に近づけると、においもしますね。そのため、口に入れること自体ができないというわけです。鼻をつまんで食べると食べられるという人もいますので、ピーマンのにおいはかなり主張が強いと言えます。

 

ピーマン嫌いを克服するには?

苦くてまずいと敬遠されがちなピーマンですが、食物繊維やβ-カロテン、カリウム、ビタミンCなど身体に良い栄養素をたっぷり含んでいる野菜です。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するピーマン嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

濃い目の味付けをする

青臭さやにおいを消すために、しっかりと味をつけて食べるのがポイントです。マヨネーズやケチャップ、ごま油などを使って炒めると、ピーマンの青臭さやにおいが少し緩和されます。市販されている青椒肉絲の素もおすすめです。

 

ハンバーグの中に細かく切って入れる

細かくみじん切りしてピーマンをハンバーグの中に入れることで、肉汁の旨味がピーマンに染み込んで、苦みやくさみを感じにくくさせてくれます。細かくしてしまうので、ピーマンとが入っているということも忘れてしまうくらいです。

 

まとめ

ピーマン嫌いさんは、苦みやにおいが苦手という人が多いです。
ピーマン嫌いを克服するには、苦みやにおいを感じなくさせる調理方法がおすすめです。塩味強めの濃い味付けや、細かくみじん切りして料理に混ぜるなどで挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。