唐揚げが嫌いな人は実は多い!苦手・嫌いな3つの理由を紹介

唐揚げ

 




 

唐揚げというのは子供の大好物であり、大人になっても好きな人が多いというイメージの料理でしょう。しかし、少数派ながら、この唐揚げという料理が好きではない、むしろ苦手であると感じている人たちもいるのです。

彼らはどういう理由で唐揚げが嫌いなのか?食べたくないのか?その理由はどんなものなのでしょうか?

 

揚げ物自体が好きではない

唐揚げというのは、揚げ物を代表する料理であり、人によっては揚げ物がダメというケースがあります。そういう人は揚げたものを食べることができないので、唐揚げも当然食べられないということになります。

揚げ物がダメな理由は人それぞれ違うとしても、揚げ物がダメだから唐揚げも食べられないというケースは割とあります。あとはそもそもベジタリアンのような人であれば、肉はまず食べませんから、唐揚げも食べるはずがないのです。

そういうケースもありますし、唐揚げがというよりは揚げ物とか、肉自体を食べないから唐揚げも食べることができないという人もいるのです。

 

過去に胃もたれなどを経験した

唐揚げを食べてなんともない、何も起きないという人が大半だとは思いますが、中には不調を訴えたことがある人もいます。

例えば、唐揚げを食べたせいで胃もたれがするなど、そういった経験をしている人もいるのです。そして、1度そういう経験をしてしまうと、唐揚げに対して恐怖心がわいてくるでしょう。

常に胃もたれになるとは限らないものの、過去に経験があるだけにまた同じようなことになるのではないか?と考えてしまう可能性はあります。

そうであれば、唐揚げは避けるという行動を無意識にとってしまうのです。

こういう人の場合には、唐揚げが嫌いなわけではないが、結果的に敬遠している状況になります。

可能ならば食べたい気持ちはあるけど、体質的に合わない可能性があるから、苦手になっているような状況ということです。揚げ物全部がダメなわけじゃないけど、唐揚げはなぜか胃もたれするということを感じている人は実際います。

 

鶏肉そのものが苦手である

唐揚げと言えば、鶏肉を使ったものが主流です。ただ、鶏肉自体がダメな場合には当然唐揚げも食べられないということになります。

鶏肉が苦手という人も実は世の中にいて、牛肉や豚肉は大丈夫だけど、鶏肉はダメという人がいるのです。

鶏肉がダメだと、唐揚げのみならず他にもダメな料理があるということになりますから、食事では苦労することもありそうです。

鶏肉が嫌いな理由を吟味すると、いろいろな理由にさらに別れると思いますが、鶏肉独特の何かを感じているのだと思われます。

牛肉や豚肉は大丈夫という人も多いので、そういう人はベジタリアンとか、そういう嗜好ではないということです。

単に鶏肉がダメという特徴を持っているということになります。

鶏肉が食べられないというのは、多くの人からすれば信じられないという感覚かもしれませんが、人には嫌いな食べ物が確実にあるでしょう。

そして、その嫌いな食べ物を好きな人は世の中にたくさんいるということもあるのです。したがって、それが何か?であるという違いはあれど、嫌いな食べ物を持っているという部分に関しては、違いはないということになります。

だから、そういう意味では不思議な状況ではないということです。

鶏肉が苦手だから、唐揚げも苦手だということになり、特定の食材や料理が苦手というのは多くの人に共通するので、変わった人だなと思う人もいるかもしれないですけど、そんなに特別視するような状況ではないと言えるのではないでしょうか?

 

まとめ

唐揚げが好きではない人というのは少数派かもしれませんが、存在します。その理由としては、揚げ物自体がダメ、胃もたれした経験があるのでダメ、鶏肉がそもそもダメといった理由があるのです。

唐揚げが好きな人は世の中に多いだけに、不思議な光景に見えるかもしれませんけど、嫌いなものがあるということ自体はそんなにおかしいことではないのです。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。