アスパラガスが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

アスパラガスの画像

 




 

春が旬の野菜アスパラガスは、とても良い香りが楽しめて、サラダにトッピングすると彩りも鮮やかになりますね。
そんなアスパラガスですが、嫌い・苦手という人も多いようです。

アスパラガスが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。
今回は、アスパラガスが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

アスパラガスが苦手な理由3選

青くさいニオイ

アスパラガスの青くさいニオイが苦手という人は多いです。独特のニオイは、口に入れる前に感じてしまうと、食べにくいと感じてしまいますね。鼻をつまんだら食べられるという人もいますが、毎回そのようにして食べるのも大変です。

 

食感

アスパラガスは、繊維の部分が固くなってしまっていると、とても食べにくいです。歯にはさまる、歯に引っかかる、噛み切れないなどの理由で苦手と感じている人も多いです。

 

缶詰や冷凍が苦手

アスパラガスは、缶詰や冷凍でも販売されています。生ではなくこちらが苦手という人もいます。ぐにょっとした食感になってしまっていて美味しくないと感じるようです。柔らかい食感が好みの人は食べやすいかもしれませんが、生アスパラを茹でた感じとは違います。

 

アスパラガス嫌いを克服するには?

ニオイや食感がまずいと敬遠されがちなアスパラガスですが、疲労回復効果のあるアスパラギン酸を多く含み、生活習慣病やアンチエイジングにもおすすめの野菜と言われています。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するアスパラガス嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

アスパラガスフライにする

アスパラガスのニオイは、油で揚げることで気にならなくなります。小麦粉と卵、パン粉をつけてフライにしましょう。ベーコン巻にしてフライにしても美味しいです。アスパラガスフライは、ソースやケチャップで食べるとより食べやすくなるでしょう。

 

皮をしっかり向いて繊維を落とす

アスパラガスの食感が気になるなら、ピーラーで皮をむく下処理をしっかり行いましょう。こうすることで、繊維が気にならなくなります。缶詰や冷凍の場合は、下処理する必要はありません。くにゃっとした食感が苦手なら、生のアスパラを使いましょう。

 

まとめ

アスパラガス嫌いさんは、ニオイや食感が苦手という人が多いです。アスパラガス嫌いを克服するには、ニオイを感じなくする調理法と食感を変える下処理がポイントです。取り入れてみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。