アサリが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

アサリの画像

 




 

和洋中様々な調理で使われるアサリは、日本人になじみ深い貝です。
しかし、アサリが苦手・嫌いという人は意外と多いです。

アサリが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。
今回は、アサリが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

アサリが苦手な理由3選

ジャリジャリする

アサリを食べた時に、ジャリジャリするのが嫌という人は多いです。これはアサリの中に入っている砂がきちんと抜けていなかったことが原因です。一度この食感を体験してしまうと、アサリはまずいとなってしまうようです。

 

磯臭いニオイがする

アサリを食べようとしたら、泥臭いニオイや磯臭いニオイがして食べることができなかったという人も多いです。これは収穫された海の水があまりキレイではない場合によくあると言われています。ニオイが気になると、口に入れることはできませんね。

 

食感

アサリは、ぐにょっとした独特の食感をしています。この食感が苦手という人も多いです。なんだか頼りないと感じるのでしょうか。ガムみたいな感じがするという声も多いです。

 

アサリ嫌いを克服するには?

ニオイや食感がまずいと敬遠されがちなアサリですが、ミネラルやアミノ酸が豊富に含まれているので、体調管理に役立つ栄養素を摂取することができます。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するアサリ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

カレーの具にする

アサリのニオイを消す方法として、カレーの具材にしてしまうという方法がおすすめです。カレーは、スパイスが効いていて香りも味も強いので、アサリのニオイを消してくれます。アサリの塩抜きもしっかり行えば、気にならなくなるでしょう。

 

バターと合わせる

アサリをバターと合わせて調理することで、ニオイや味が気にならなくなります。バターの良い香りは、アサリのくさみを消してくれますよ。クラムチャウダーもおすすめです。

 

まとめ

アサリ嫌いさんは、食感やニオイが苦手という人が多いです。
じゃりじゃりした感じは、アサリの塩抜き時間が短かったことが原因となっている場合もあるので、下処理はしっかり行ってから調理するようにしたいですね。

食感な苦手な場合、食感を変えることは難しいのですが、アサリご飯にするとご飯と一緒に食べるので気にならないかもしれません。挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。