エリンギが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

エリンギの画像

 




 

キノコ類の中でも、ぷりぷりとした食感で、まるでホタテのようだとも言われるエリンギは、低カロリーなのでダイエットにもおすすめの食材です。

そんなエリンギですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。エリンギが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、エリンギが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

エリンギが苦手な理由3選

ぐにゅっとした食感

エリンギは、噛むとぐにゅっとした独特の食感があります。この食感が苦手という人は多いです。噛んでいるのに噛み切れない・・・そんな感じがエリンギにはあります。独特の弾力なので、これが好きという人もいますが、食べにくいと感じる人もいるのです。

 

ニオイ

エリンギは、キノコ独特の匂いが強めにあります。ややツンとするようなニオイがして、食べにくいと感じてしまう人もいるようです。口に近づけるとニオイもしますので、食べる前に嫌となってしまうのでしょう。

 

キノコ類全般が嫌

エリンギが苦手・嫌いという人は、キノコ類全般がダメということも多いです。キノコ類の独特の香りが、どうしても食べにくいと感じてしまうのでしょう。また、見た目がダメという人もいます。

 

エリンギ嫌いを克服するには?

エリンギは、決してまずい食べ物ではありません。食物繊維やカリウム、ビタミンB1も多く含むので、美容と健康に嬉しい食材です。できれば食卓に取り入れたいですね。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するエリンギ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

みじん切りして肉そぼろに入れる

エリンギの臭みや食感を感じにくくする方法として、みじん切りして肉そぼろにしてしまうのがおすすめです。お肉の旨味もエリンギに染み込むので、美味しく食べることができますよ。ご飯にトッピングしてそぼろ丼にしても良いでしょう。

 

バター醤油で味付け

エリンギと豚肉や鶏肉を炒めて、バター醤油で味付けすると、エリンギのニオイが気にならなくなります。濃いめに味付けするのがポイントです。エリンギの食感が大丈夫なら美味しくいただけるでしょう。

 

まとめ

エリンギ嫌いさんは、食感やニオイが苦手という人が多いです。
細かく刻んで濃いめの味付けで調理すれば、ぐにょっとした感触やキノコ独特のニオイを気にせずいただけますよ。

また、キノコ類全般が苦手という人は、食べられそうなキノコ類を見つけることから始めると良いかもしれませんね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。