ウニが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

ウニの画像

 




 

高級食材として有名なウニは、アミノ酸やタウリン、ビタミン、脂質など様々な栄養素を含んでいます。すしネタとしても人気ですね。

そんなウニですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。ウニが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、ウニが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

ウニが苦手な理由3選

生臭さ

ウニが苦手という人は、生臭さが気になってしまう人が多いようです。ウニの型崩れを防ぐためにミョウバンが使われることがあり、このミョウバンがウニの生臭さを引き出してしまうと言われています。

 

苦みが苦手

ウニは、生臭さと同時に苦みを感じるという声もあります。この苦みも、実はミョウバンが関係していました。ミョウバンは、殺菌作用が期待できるので、ウニの品質を保つために多く使われた場合、苦みがでることになってしまうのです。

 

食感が苦手

ウニの食感が苦手という声もあります。新鮮なウニは、ふわふわトロトロしていて、口の中で溶けるような味わいと言われています。しかし、型崩れしやすく傷みやすいのでこの状態で食べることができるケースは少ないです。本当のウニを食べていないので、食感が苦手と感じるのかもしれません。

 

ウニ嫌いを克服するには?

ウニは、決してまずい食べ物ではありません。高級食材なので、なかなか食べるチャンスは少ないかもしれないですが、美味しくウニを食べることができれば嬉しいですね。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するウニ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

新鮮なウニを食べてみる

本当に新鮮なウニを食べると、甘くて美味しいと言われています。生臭さや苦みの原因は、ウニの鮮度を落とさないために使われるミョウバンが原因のようなので、本当のウニの味をしれば、ウニ嫌いは克服できる可能性があるでしょう。

 

クリームパスタにする

ウニ丼にすると、ウニの味や食感をダイレクトに感じてしまいます。そこでクリームパスタにしてみましょう。濃厚なウニの風味を活かしつつ、臭みや苦みは抑えることができます。

 

まとめ

ウニ嫌いさんは、生臭さや苦み、食感が苦手という人が多いです。

新鮮なウニ、本物のウニを食べることでこれらは克服できる可能性が高いです。

ただし、高級食材なのでなかなか食べる機会が得にくいかもしれません。
ウニのクリームパスタは、高級ウニではなくても比較的食べやすくなるので、挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。