梅干しが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

梅干しの画像

 




 

おにぎりの具として人気の梅干しは、疲れている時に食べると、元気になりますね。昔からご飯のお供に欠かせない存在です。

そんな梅干しですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。梅干しが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、梅干しが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

梅干しが苦手な理由3選

酸っぱさ

梅干しが苦手という人は、酸っぱいのが嫌という人が多いです。他にも酸っぱい食べ物は色々ありますが、梅干しの酸っぱさは独特ですね。梅そのものに含まれるクエン酸やリンゴ酸などの酸味成分が、この酸っぱさを生み出しています。

 

種が苦手

梅干しに入っている種が苦手という人もいます。真ん中に大きな種がある梅干しは、少し食べにくいですね。最近は種なしの梅干しもあるので、種が苦手なら種なしを選ぶと良いかもしれません。

 

味が嫌

梅干しの酸っぱさではなく、味そのものが苦手という人もいます。梅干しの味は、どのように漬けているのかで変わってきます。昔ながらの梅干しだと、塩と梅の味しかしないので食べにくいと感じるかもしれません。

 

梅干し嫌いを克服するには?

梅干しは、決してまずい食べ物ではありません。疲労回復効果も期待できる食材なので、できれば食卓に取り入れたいですね。苦手を克服したいなという人は、次に紹介する梅干し嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

ハチミツ漬けさえた甘めの梅干しを食べる

梅干しの酸っぱさが苦手なら、ハチミツ漬けされた梅干しがおすすめです。ハチミツ漬けされた梅干しは、酸味が少なくて甘さもあります。酸っぱいのが苦手な人も美味しくいただけるでしょう。

 

細かく刻んで梅肉を肉や魚と組み合わせる

梅干しの酸っぱさを軽減させる方法として、細かく刻んでペースト状にし、魚やお肉と調理する方法があります。梅の酸味がお魚やお肉を美味しくしてくれます。鶏肉や豚肉の梅肉巻き、鯵の梅肉巻きなどがおすすめです。

 

まとめ

梅干し嫌いさんは、酸っぱい味や種が苦手という人が多いです。種に関しては、種なしの梅干しで解決できるでしょう。

酸っぱさも、ハチミツ漬け梅干しなら、美味しくいただけると思います。少し高級な梅干しを選ぶと、より食べやすくされている商品が多いですよ。

美味しい梅干しを探してみてください。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。