きゅうりが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

きゅうりの画像

 




 

夏野菜の代表であるきゅうりは、丸かじりして食べる人も多いですね。サラダの定番野菜にもなっています。

しかし、きゅうりが苦手・嫌いという人は意外と多いです。きゅうりが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、きゅうりが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

きゅうりが苦手な理由3選

青臭いニオイがする

きゅうりを切ると、独特のニオイがしますね。このニオイは、<2,6‐ノナジエナール>という成分によるものだそうです。口に入れて噛むと、さらに青臭いニオイが広がってしまうので、きゅうりはまずいと感じてしまうのでしょう。

 

歯ごたえが苦手

きゅうりのパリっとした歯ごたえ、シャキシャキした感じが苦手という人もいます。柔らかい温野菜を好む人は、特に生で食べることが多いきゅうりは食べにくいと感じてしまうのでしょう。

 

味が苦手

えぐみのある味、苦みのある味が苦手という人も多いです。きゅうりのアクがえぐみや苦みの原因です。アクは取ることができるので、アクさえしっかり処理できれば、食べられるかもしれません。

 

きゅうり嫌いを克服するには?

青臭いニオイや歯ごたえ、味がまずいと敬遠されがちなきゅうりですが、カリウムを豊富に含み、むくみ予防に最適な野菜です。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するきゅうり嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

きゅうりのキューちゃんを食べてみる

きゅうりの漬物、きゅうりのキューちゃんは、きゅうりですが濃い味付けがされていて、お漬物が好きな人なら、きゅうりが苦手でも食べることができることがあります。特にカレーに添えてみると、食べやすくなりますよ。

 

マーボきゅうり

きゅうりの青臭さや歯ごたえ、味を気にしないで食べることができる方法として、マーボきゅうりがあります。ピリ辛の味付けにしてしまうので、とても食べやすくなりますよ。市販のマーボ茄子の素を使っても作れます。

 

まとめ

きゅうり嫌いさんは、青臭さや食感、味が苦手という人が多いです。きゅうりのキューちゃんはスーパーで手軽に購入できるので、きゅうりを買わなくても用意できます。

きゅうりを買って調理したいなら、濃い味付けで、加熱してしまうことできゅうりの青臭さや食感、味が気にならなくなるので、挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。