柿が嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

柿の画像

 




 

秋の味覚の代表でもある柿は、オレンジ色が鮮やかな果物ですね。家の庭に柿の木があるという人もいるのではないでしょうか。

昔から食べられている柿ですが、意外と苦手・嫌いという人は多いです。柿が嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、柿が嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

柿が苦手な理由3選

苦みがある

柿には、タンニンという成分が含まれています。渋柿を食べてしまうと、この苦み成分をダイレクトに感じることになってしまうので、柿は苦いと感じてしまうようです。渋柿を最初に食べてしまうと、なかなか柿を好きになれないかもしれません。

 

ドロドロだった

柿は、熟しすぎるとドロドロになってしまいます。ここまで熟すると、食感が苦手と感じてしまうかもしれません。柿は、固すぎてもまずいですが、ドロドロ過ぎてもまずいのです。

 

渋い味が苦手

渋みの正体も、柿に含まれているタンニンです。これも渋柿に含まれているものなので、甘い柿を食べれば、渋い味は感じません。ただ、最初に渋柿を食べてしまうと、その印象が強く残ってしまうので、なかなか柿を克服できないのです。

 

柿嫌いを克服するには?

苦みや渋みからまずいと敬遠されがちな柿ですが、ビタミンCを豊富に含んでいて、美容にも嬉しい果物と言われています。そう聞いたら、食べたくなりますよね。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介する柿嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

スムージーにする

様々な果物を合わせて柿入りスムージーにしてみましょう。柿の食感も感じにくいですし、甘柿を使えば、渋みや苦みも出ません。柿が入っているということを感じさせない美味しさになっているので、柿が苦手でも飲みやすいでしょう。

 

ケーキに入れて

柿を細かく刻んでパウンドケーキに入れてみましょう。柿の美味しさが詰まったケーキが完成します。柿は加熱されるので柔らかくなりますし、甘柿を使えば、苦みや渋みも感じません。

 

まとめ

柿嫌いさんは、渋柿を食べたことで柿を苦手・嫌いと感じてしまっていることが多いです。スーパーに売っている柿は、甘さの強い柿が多いので、それらを食べることができれば、柿嫌いは克服できますね。いきなり柿を食べるのは抵抗があるという人は、スムージーやケーキに挑戦してみてください。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。