キャベツが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

キャベツの画像

 




 

サラダの定番と言えばキャベツですね。飲食店では、キャベツが添えられている定食がとても多いです。誰もが食べたことがある馴染みのある野菜でしょう。

そんなキャベツですが、実は苦手・嫌いという人も意外と多いです。キャベツが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、キャベツが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

キャベツが苦手な理由3選

青臭くて草みたい

キャベツが苦手な人は、キャベツの青臭さが嫌という人が多いです。キャベツはカットして販売されているモノを買うと、特にこのニオイが気になってしまうと言われています。また収穫されてから時間が経っているキャベツも青臭いニオイがしやすいです。青臭いと余計に草を食べている気分になりますね。

 

シャキシャキしていて苦手

キャベツのシャキっとした食感が好きという人は多いのですが、これが苦手という人もいます。シャキシャキしていると、余計に草を食べている気分になるのかもしれませんね。特に芯が苦手という人も多いです。

 

甘さが苦手

キャベツは、意外と甘みがあります。この甘さが苦手という人も多いです。甘さは加熱すると引き出されます。さらに、春キャベツは甘みが強い傾向にあるでしょう。生で食べればあまり気にならないかもしれませんね。

 

キャベツ嫌いを克服するには?

青臭さやシャキシャキ食感、甘さがまずいと敬遠されがちなキャベツですが、ビタミンCやビタミンK、キャベツだけに含まれるビタミンUなど栄養豊富な野菜です。栄養バランスが良い野菜なので、できれば食卓に取り入れたいですね。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するキャベツ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

お好み焼きに入れる

キャベツの芯も細かく切って、キャベツはできるだけ細く切ることで、キャベツの食感を感じずに食べることができます。お好み焼きなら、キャベツが入っていてもソースやマヨネーズをかけて美味しく食べることができるでしょう。

 

キャベツと豚肉の味噌炒め

濃い味付で豚肉と炒めれば、キャベツの青臭さが気になりにくいです。芯は細かく切れば、シャキシャキした感じも気にならなくなりますよ。味噌の味でキャベツの甘さも感じにくいでしょう。

 

まとめ

キャベツ嫌いさんは、ニオイや食感が苦手という人が多いです。新鮮な春キャベツは、食べやすいという声も多いので、春キャベツから挑戦してみても良いかもしれませんね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。