玉ねぎが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

玉ネギの画像

 




 

過程の常備野菜として人気の玉ねぎは、血液をサラサラにしてくれる野菜として有名ですね。カレーやシチューを作る時に欠かせない野菜のひとつです。年中購入できるので、様々な料理で使うことができます。

しかし、そんな玉ねぎが苦手・嫌いという人は意外と多いです。玉ねぎが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、玉ねぎが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

玉ねぎが苦手な理由3選

ツンとするニオイが苦手

玉ねぎを切ると、ツンとしたニオイがしますね。このニオイがダメという人が多いです。玉ねぎを切った後は、手にもしばらくニオイが残ってしまいます。特に生の玉ねぎを食べると、口の中にもしばらくニオイが残りますね。これがダメという人は多いです。

 

食感が苦手

玉ねぎは、切り方によって食感に違いが出ます。シャキシャキした玉ねぎが苦手という人もいるでしょう。この食感は、繊維を断ち切るようにして切るようにすると気にならなくなりますよ。

 

辛さが嫌い

玉ねぎには、アリシンと呼ばれる成分が含まれています。この成分が玉ねぎの辛みの正体です。生で食べる場合、特に辛みを感じやすいでしょう。この辛み成分は、口の中にニオイを残してしまいやすいので、ニオイが気になるという人は、さらに玉ねぎがまずいと感じてしまうでしょう。

 

玉ねぎ嫌いを克服するには?

食感やニオイ、辛さがまずいと敬遠されがちな玉ねぎですが、和洋中どのようなメニューでも取り入れることができる野菜なので、食卓には欠かせません。血液サラサラ成分を含むので、健康にも嬉しい野菜です。何とか食べたいなと思いますよね。苦手を克服したいなという人は、次に紹介する玉ねぎ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

すりおろし&みじん切りしてカレーに入れる

玉ねぎの食感や味が気になるなら、すりおろしたり、みじん切りにしてカレーに入れましょう。カレーに入れると、玉ねぎの甘さを引き出すこともできます。しっかり玉ねぎを炒めてカレーにしましょう。

 

ミートソースを作る

玉ねぎのみじん切りと挽肉、トマトなどでミートソースを作りましょう。お肉のうまみで玉ねぎが食べやすくなります。パスタにかけて食べればとても美味しく玉ねぎを摂取できますよ。

 

まとめ

玉ねぎ嫌いさんは、ニオイや辛み、食感が苦手という人が多いです。みじん切りにしたり、すりおろしして料理すれば、これらが気にならなくなるので試してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。