カリフラワーが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

カリフラワーの画像

 




 

ビタミンCが豊富で、美肌に嬉しい野菜と言われているカリフラワーは、白い綺麗な色で、食卓に彩りを添えてくれる野菜ですね。

しかし、カリフラワーが苦手・嫌いという人は意外と多いです。カリフラワーが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、カリフラワーが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

カリフラワーが苦手な理由3選

味がしない

カリフラワーは、味が淡泊な野菜です。あっさりしていて、茹でてそのまま食べてもあまり味がしないと感じる人も多いでしょう。この味がしない感じが苦手・嫌いという人は多いです。

 

青臭いニオイ

カリフラワーは、少し青臭いニオイがするから苦手という人は多いです。カリフラワーと同じアブラナ科の野菜は、キャベツやブロッコリーがありますが、それらよりもカリフラワーはややニオイが強いです。

 

ボソボソするのが苦手

カリフラワーは、茹でて食べることが多いですが、茹でるとボソボソとした食感になります。花の部分がホロホロ崩れやすいので、どうしてもボソボソしやすいのです。モロモロしているという声もあります。

 

カリフラワー嫌いを克服するには?

モソモソした食感や、味がないからまずいと敬遠されがちなカリフラワーですが、ビタミンCが豊富に含まれるだけでなく、ビタミンKやビタミンB群なども含まれているので、積極的に食べたい野菜です。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するカリフラワー嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

カリフラワーをフライにする

カリフラワーをフライにすると、モソモソした食感をカバーすることができます。カリフラワーは揚げると、とってもホクホクになって美味しいですよ。ケチャップやソースで食べるとさらに美味しいです。

 

カレーやグラタンに入れる

味が淡泊なカリフラワーは、しっかりした味付けのお料理に最適です。カレーやグラタンに入れてみてください。カリフラワーを美味しくいただくことができるでしょう。マヨネーズとの相性も良いので、細かく刻んでポテトサラダに混ぜ込むのもおすすめです。

 

まとめ

カリフラワー嫌いさんは、食感や味の無さが苦手という人が多いです。

濃い味付けや、揚げるという方法で、これらの苦手ポイントは克服しやすくなりますよ。挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。