タケノコが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

タケノコの画像

 




 

うまみ成分のアミノ酸を含んでいるタケノコは、カリウムを豊富に含むので、むくみ予防や高血圧予防が期待できる野菜です。春の旬野菜としても有名ですね。食物繊維も多いので、便秘解消にも役立ってくれます。春はタケノコご飯にするという人も多いでしょう。

そんなタケノコですが、実は苦手・嫌いという人も意外と多いです。タケノコが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、タケノコが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

タケノコが苦手な理由3選

えぐみのある味が苦手

タケノコが苦手な人は、タケノコのえぐみが嫌という人が多いです。このえぐみの原因は、タケノコに含まれるアクです。アク抜きがしっかりできていれば、えぐみも感じにくいでしょう。

 

食感が苦手

タケノコは、食物繊維を多く含んでいるので、食べると繊維が気になってしまうことがあります。口の中に繊維が残ってしまう感じや、噛んだ時の食感が苦手という人は多いです。繊維があるとギシギシしたような感じがするのでしょう。

 

口の中がイガイガするからまずい

タケノコのアク抜きがしっかりできていないと、苦みやえぐみを感じやすいです。苦みやえぐみを感じると、食べた後、口の中が何となくイガイガしてしまうのです。口の中が気持ち悪くなるのは嫌ですね。

 

タケノコ嫌いを克服するには?

えぐみや食感がまずいと敬遠されがちなタケノコですが、食物繊維やカリウムを豊富に含んでいる野菜なので、毎日の食卓に取り入れたいですよね。特に旬の時期は美味しくなるので食べたいですね。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するタケノコ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

選ぶタケノコを変える

タケノコは、種類によって食感やえぐみに違いがあります。手軽に食べることができる水煮タケノコを使う場合は、姫竹や根曲がり竹を選ぶと、食べやすいです。水煮のタケノコは、生とは異なり食感もかなり柔らかくなっているので、調理しやすいでしょう。

 

天ぷらにする

タケノコを天ぷらにすると、えぐみが無くなります。タケノコの風味も活かされるので、美味しく食べることができるでしょう。春のタケノコを使って天ぷらにするのがおすすめです。

 

まとめ

タケノコ嫌いさんは、えぐみや食感が苦手という人が多いです。アク抜きがきちんとできていれば、えぐみは解消されるでしょう。食感は、生タケノコではなく水煮を使ってみるなどしてみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。