ゴボウが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

ゴボウの画像

 




 

食物繊維やミネラルを豊富に含む野菜として有名なゴボウは、便秘解消に役立つ野菜としても知られています。きんぴらごぼうは常備菜としても重宝してくれますよね。

しかし、ゴボウが苦手・嫌いという人は意外と多いです。ゴボウが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、ゴボウが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

ゴボウが苦手な理由3選

土くさいニオイがする

ゴボウを食べると、土くさいニオイや味がしてまずかったという経験をされた人は、ゴボウが嫌いとなってしまうようです。土くささは、ゴボウの下処理をすることで解消できます。

 

えぐみが苦手

ゴボウを食べると、なんだかえぐみがあると感じたことはないでしょうか。ゴボウはアクが強い野菜なので、下処理がきちんとできていないと、えぐみを感じやすいです。アク抜きがしっかりできれば、えぐみは緩和されますよ。

 

食感が苦手

ゴボウの食感が苦手という人もいます。食感は調理の仕方で変わってきますが、シャキシャキが苦手という人もいれば、しなしなしていて苦手という人もいます。特に冷凍のゴボウは、しなしなした食感になりがちです。

 

ゴボウ嫌いを克服するには?

土くささやえぐみ、食感がまずいと敬遠されがちなゴボウですが、便秘解消におすすめで、お腹の中を綺麗にしてくれる食材なので、食卓に取り入れたいですよね、何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するゴボウ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

ゴボウチップスにする

ゴボウを油で揚げるゴボウチップスは、おやつやおつまみにおすすめのレシピです。ゴボウなので、ヘルシーですし、サクサクした食感がクセになりますよ。シンプルな塩味でも美味しくゴボウを食べることができます。

 

ごぼうの炊き込みご飯

ごぼうの食感も気にならず、ご飯と一緒に食べることができるので食べやすいです。細かく削いだゴボウと鶏肉とと油揚げ、人参、キノコ類を合わせて一緒に炊き込みご飯にしましょう。

 

まとめ

ゴボウ嫌いさんは、下処理がうまくできていないことで、ゴボウが苦手・嫌いと感じてしまっていることが多いです。下処理をしっかりできていれば、ゴボウはぐんと食べやすくなりますよ。まずは、正しい下処理方法から挑戦してみてくださいね。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。