タピオカが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

タピオカミルクティーの画像

 




 

若い世代を中心に大ブームとなっているタピオカは、南米が原産地となっているキャッサバというイモから作られています。タピオカは、モチモチの食感が美味しいと人気です。

しかし、タピオカが苦手・嫌いという人は意外と多いです。タピオカが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、タピオカが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

タピオカが苦手な理由3選

ぷにっとした食感が苦手

タピオカのぷにぷにした食感が美味しい、クセになるという人もいれば、苦手という人もいます。口に入れた時に、ぷにゅっとしていると、ゴムみたい、気持ち悪いと感じてしまう人もいるのです。

 

硬さが苦手

タピオカは、柔らかいものもあれば、硬いモノもあります。これは、お店によって使用しているタピオカ粉が違っていたり、茹で方に違いがあるからです。硬さが苦手という人は、硬めに作られてしまったタピオカを食べたのかもしれません。本来は、ぷにぷにと柔らかいが正解です。

 

カロリーが気になるから嫌

タピオカは意外とカロリーが高いです。さらに、タピオカと合わせるドリンクは、しっかり甘さをつけているものばかりなので、1杯飲むと200カロリー以上ということが多いです。毎日飲んでいると、かなりカロリーを摂取してしまうことになりますね。ダイエット中の人は、飲むのが嫌と感じるでしょう。

 

タピオカ嫌いを克服するには?

食感がまずいと敬遠されがちなタピオカですが、実はミネラルを摂取することができます。特に、むくみ解消に役立つカリウムが多く含まれています。他にも、カルシウムやマグネシウムが含まれます。タピオカ嫌いを克服したいという人は、次でご紹介するタピオカ嫌いを克服する方法を参考にしてみてください。

 

おうちで作れるタピオカドリンクキットを試してみる

自分で手作りすると、苦手なモノもなんだか美味しく食べられたりしますよね。自分のために、タピオカドリンクを作ってみませんか。おうちで作れる簡単キットも沢山発売されています。これは、好みの硬さでタピオカを茹でることができるのでおすすめです。また、味付けも美味しくされていて飲みやすくなっていますよ。

 

生タピオカを買ってみる

乾燥タピオカと生タピオカでは、味や食感が変わってきます。生タピオカのほうが、より美味しく食べることができると言われているので、冷凍されている生タピオカを購入してみてください。

 

まとめ

タピオカ嫌いさんは、食感が苦手という人が多いです。お店によって、タピオカの食感には違いがあるので、食べ比べしてみて食べられるお店を探しても良いかもしれません。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。