豆腐が嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

豆腐の画像

 




 

豆腐は、タンパク質や脂質など、様々な栄養素を含んでいます。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれることでも有名ですね。イソフラボンは、骨粗しょう症予防やがん、動脈硬化の予防にも良いとされています。

そんな豆腐ですが、嫌い・苦手という人も多いようです。豆腐が嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、豆腐が嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

豆腐が苦手な理由3選

食感が苦手

豆腐の柔らかい食感が苦手という人は多いです。柔らかすぎて食べている感じがしない、つぶれて見た目も汚いなど、柔らかすぎることが嫌と感じる人がいるようです。そのような人は、硬めの豆腐なら食べることができるかもしれませんね。

 

味がしない

豆腐は、大豆本来の美味しさを感じることができるのですが、安すぎる豆腐だと、あまり味がしないと感じることもあるかもしれません。美味しい豆腐を食べることで、豆腐が好きになる可能性はあるでしょう。

 

大豆の味が嫌

大豆の風味が嫌いだと、豆腐も大豆の香りや味がして嫌と感じてしまうようです。大豆ほどしっかりした風味はなくても、大豆嫌いだと豆腐も美味しくないと感じてしまうのでしょう。

 

豆腐嫌いを克服するには?

味や食感が苦手だからまずいと敬遠されがちな豆腐ですが、美容や健康に嬉しいイソフラボンやタンパク質を含んでいるので、できれば食卓に取り入れたいですよね。特にダイエット中の人は、豆腐が強い味方になってくれるはずです。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介する豆腐嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

煎り豆腐にしてみる

豆腐の水分を飛ばして、しっかりフライパンで炒めて味付けすると、とても食べやすくなります。食感もしっかりするので、豆腐と感じないでしょう。卵を入れても美味しいですよ。

 

豆腐パンケーキにしてみる

ホットケーキミックスに豆腐を入れて、豆腐パンケーキにしてみましょう。豆腐の風味を感じないので、美味しく食べることができます。しかも粉の量を減らすことができるのでヘルシーです。ダイエット中にもおすすめですよ。

 

まとめ

豆腐嫌いさんは、味や食感が苦手という人が多いです。豆腐の種類でも風味は異なるので、少し値段の高い豆腐を食べてみるのもおすすめです。色々な豆腐を食べ比べしてみましょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。