パンツが食い込むのにイライラ!なぜ上がってくるのか4つの理由を紹介

スーツを着た男性5人組

 




 

今日の悩みはパンツが食い込んで辛いという、日常生活における些細な悩み、しかし小さな悩みでも本人からすればイライラの種です。

最近急にパンツがきつくなってきたな。

直しても直してもすぐ食い込むから、段々腹立ってくることも。

たかがパンツの食い込みですが、ジワジワと精神的に与えられる苦痛はされど食い込みです。

なぜパンツが食い込む?4つの理由を紹介

パンツが食い込む理由を理解して、パンツの食い込みでイライラしないように気を付けていきましょう。

 

1.太った(体脂肪が増えた)

お察しの方は、体重が太ったからパンツが食い込んでしまっていると自覚してるでしょう。

しかし体重計に乗ってみると、数字はそこまで変わっていないなんてことも。

太ってもいないのになぜパンツが食い込んでしまうのでしょうか。

太ったかどうか知るための肝心な要素は、脂肪率です。

数値は増えていなくても、お尻周りの中性脂肪が高まれば当然パンツはきつくなり食い込みやすくなってしまいます。

体重計の数値は、水分量などの関係もあり簡単に上下しやすいので、お尻のお肉がついたかどうかまでは分かりにくいものです。

 

2.お尻のお肉がたるんできた

運動不足だったり、デスクワークで座りっぱなしだったりすると、お尻のお肉はたるみやすくなってしまいます。

たるんだお尻は、本来パンツがお尻を包み込む生地のラインをすり抜けやすくなるので、結果的に太っていなくてもパンツが食い込みやすくなります。

意識的に歩くようにして、お尻の筋肉を引き締めて、パンツの食い込みを防いでいきましょう。

 

3.お尻に筋肉がついた

お尻がたるんでパンツが食い込みのと逆の展開ですが、原理としては太ってパンツが食い込むのと同じです。

職場が変わった、転職した、子供ができて忙しくなった、などなど周囲の環境や生活習慣が大きく変わることで気づかずうちに沢山の運動量をこなしているのかもしれません。

階段の登りおりだけでも、筋肉がつきやすい人はすぐについてしまいます。

また妊娠して子供が生まれると、赤ちゃんを抱えるために女性は腰回りの筋肉が発達するとも言われています。

なので最近パンツが食い込んできたなと感じたら、運動しすぎでお尻に筋肉が付いたと疑ってみるのも良いでしょう。

 

4.パンツが縮んだだけ

最もホッとできる理由はパンツの縮みですね。

洗濯や乾燥のしすぎや、パンツの素材によっては生地が伸びてしまうものもあれば、逆に縮んでしまうものもあります。

自分のお尻が肥大化したのではなく、パンツの方が縮んだのであれば怖がる必要はありません、新しいパンツを新調しましょう。

太ったり筋肉がついたり、お肉がたるんだりするだけではなく、パンツ自体の問題も注意して観察してみると良いですね。

 

まとめ

パンツが食い込んでイライラする!っと感じたら。

  • 太った
  • たるんだ
  • 筋肉がついた
  • パンツが縮んだ

この4点を疑って問題を確認してください。

きっと食い込みの原因が掴めるはずです。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。