【子供あり】妻の誕生日に何をする?妻を喜ばせる3つの方法

 




 

奥さんの誕生日、一体何をしようかと感じる人もいるのではないでしょうか。

特に子供がいると、子供と一緒に出かけたいと思うこともあるかもしれません。

ここでは、子供がいる家族の中で奥さんの誕生日にやってあげると奥さんが喜ぶことを紹介します。

 

1.料理の準備をする

普段家事をしている奥さんにとって、1番嬉しいことの1つは料理をしてもらうことだといえます。

いわゆる上げ膳据え膳は女性にとっては嬉しいもので、「今日は自分が料理をするから」と言ってくれると女性は喜びます。

子供がいると、子連れで外食はなかなか難しいですし、外食をしたところで奥さんが子供の面倒を見なければならないことも多く、「疲れる」と思われてしまうことも珍しくありません。

だからこそ、子供に手がかかるのであれば、むしろ旦那さんが食事を作った方が喜ばれます。

 

2.料理の片付けもする

料理に慣れていない人が料理をすると、どうしても「フライパンがものすごく汚れてしまった」「キッチンが散らかっている」などといった状態に陥りやすいです。

確かに料理をしてくれるのは嬉しいものですが、だからといって「片付けはよろしくね」と言ってしまえば、すべての親切が台無しになります。

もしも料理をするのであれば、片付けまでするようにしましょう。

 

3.子供を連れて出かける

奥さんが子供と一緒の外出でも大丈夫なのであれば、子供を連れて一緒に出かけることも可能です。

公園に遊びに行ったり買い物に遊び行ったりしながら、できるだけその時間は旦那さんが子供の面倒を見るようにしましょう。

もしも奥さんが普段から子供の面倒を見ていて、「1人の時間がない」と言っているのであれば、旦那さんが子供を連れて出かけ、奥さんを1人にしてあげることもプレゼントになります。

誕生日に1人の時間をプレゼントされることを喜ぶ女性は多く、「自分が子供の面倒を見ているから出かけておいで」よりも、「自分が子供と出かけるから、その間に好きなことをしたら良い」の方が喜ばれます。

女性の中には「1人でゆっくりしたい」という人も多く、「できれば1人で外出するよりも、1人で家にいたい」と考える人が多いからです。

 

まとめ

奥さんの誕生日は奥さんに負担をかけないようにすることが大切です。

いつもの生活に加えて何かをするよりも、むしろいつもの生活から何かをなくしてあげるように考えてみて下さい。

特に子供がいる場合、旦那さんが子供の面倒を見てくれることで喜ぶ女性は多いです。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。