妹(16)がコロナに…もう学校に行けないと部屋に閉じこもっています

妹(16歳)が急な発熱でコロナ陽性となりました。

とはいえ、37度後半で咳も鼻水もそこまでひどくなく、本人も意外と元気そうで安心。

なんですが。。

思春期の妹には、病状以上に恐ろしいものを抱えていたのです。

 

LINEのグルチャでいじめられる

妹仲のよい友達8人のグループがあるそうなのですが、そこで問題は起きました。

学校でコロナ陽性になれば、瞬く間に有名人になるので、グルチャでも当然ネタにされたそうです。

「10日たったら登校するの?」

「10日で治るの?」

「もしウチが感染したら絶対○○(妹)のせいやん」

などなど、友達には悪気はないかもしれないが、グサグサ刺さる言葉がグルチャで飛び交ったそうです。

泣きながら、兄にである俺に報告してくれました。

俺は、、そんなデリカシーのない発言をする人は友達ではない!と伝えることしかできませんでした。

実際16歳の女の心はそんな単純にはできていなく、まったく問題は解決に至らないままです。

 

感染から2週間たったあと、学校には行かない妹

もう完全に症状はゼロと言っていいくらいなのに、学校に行かない妹。

理由はもちろん、友達の反応が怖いからだ。

俺だったら、そんなの気にしないで登校するけど、やはり乙女心はよくわからない。

とはいえ妹が心配で毎日いたしかたない。

自殺でもしたら…と縁起でもないことを考えてしまう。

だが、そんな心配は無用でした、しばらくしてついに「学校へ行く」と妹が立ちあがったのです。

 

半日で帰ってきてしまった

勇気を出して学校へ行った妹だが、給食を食べることなく家に帰ってきたそうです。

このときは、さすがに母親も涙を流しながら昼飯を作ったそう。

俺は仕事から帰り、崩れ落ちた妹と母を前に、何とも言えない虚しさを覚えた。

聞ける雰囲気ではなかったが、無理に聞いた。

俺「学校、嫌なことあったの?」

妹「仲良かった友達に、、エリナって呼ばれたの。」

俺「は?エリナ?」

妹「・・・・・・」

このあと、ぐちゃぐちゃに泣き出してしまった妹。

妹の名前はエリ、コロナに感染したことで、エリナにリネームされてしまったのだ。

高校生の軽はずみな冗談と片付ければ、それでおしまいだけど、間違いなく妹は心に大きな傷を負ってしまった。

 

妹がコロナになってから3ヶ月後、今も引きこもり生活です

もともと妹は、今どきの言い方で言うと1軍的な、イケイケなグループの女子でした。

それがコロナ感染で一転。

友達がゼロとなっただけでなく、人を信じられなくなってしまった。

かれこれ3~4ヶ月家にいます。

体調が悪かったのは最初の3日くらいなのに、もう元気なのに、心はまったく回復してません。

コロナウィルスは、人の心までもを破壊してしまう、本当に恐ろしいウィルスだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。