一人っ子こそ父親との関係を深い絆で結すべき3つの理由

赤ちゃんと父親

 




 

一人っ子は子供は「なんで自分には兄弟がいないんだ!」と、一人っ子にした親を悪く思うこともあるでしょう。

しかし一人っ子で生まれた事実は、もう曲げようがありません。

世の中には親もいない子供だったり、兄弟同士で口すらきかない程に仲の悪い家庭もあるのですから、今ある幸福について焦点をあてて下さい。

 

一人っ子こそ父親との関係を仲良くすべき3つの理由

家の中では同じ世代の話し相手(兄弟)がいないから、人生つまらない!なんて思ってしまっては本当にその通りになってしまいます。

一人っ子という環境を、良い意味で自分の中に取り込めば、状況は一転するでしょう。

 

1.父親の人生経験をもれなく吸収しよう

満足のいく立派な大人に成長するためには、まずは目の前の一番身近な大人から分析していかなければなりません。

父親は今までどのような人生を歩んできたのか、父親はどんな仕事をしており、今日までの努力はどれほどの量や質だったのかしつこくインタビューしてください。

兄弟がいては、父親はまともに時間を割ってくれないので、ここは父親を独り占めできる一人っ子ならではの特権です。

大人になって成功者になりたければ、まずは自分の父親を越えるか、父親の癖などをよく理解することです。

良いところも悪いところももれなく吸収しましょう。

父が失敗してきたことは、子供も同じように失敗します。

やはり子供は父親に似るものですから、早い段階で父の失敗癖を知っておくことが、将来自分が社会で生きやすくなる近道になります。

一人っ子の子供の父親との関係は、なるべくたくさん話を聞いて、父親のことをよく知ることです。

 

2.父親の老後の姿を想定

子供のころに父親との関係が悪く、あまりにも毛嫌いして早くに家を出て独立して自由に生きてしまうと、親である父親には例えようのない虚しさが残ります。

子供とほとんどスキンシップをとりあうことなく、父親の人生は終盤へ、やがて介護が必要な年齢になります。

子供は親を介護する義務(条件による)がありますので、一人っ子の子供は大人になってから会話もしてこなかった父親の面倒を見なければなりません。

父親からしても一人っ子の子供からしても、なんとも歯がゆい心境です。

子供のころからもっと仲良くしておけばよかった、と思っては時はだいぶ経過してしまい、今さらその溝を埋めようとしても空回りするだけでしょう。

親子関係は切ることができないものなので、一人っ子の子供こそ父親との関係は無理してでも良好にしておくことが大事です。

 

3.いつまでも味方でいてくれるのは父親

人生は長いです、1人でご飯が食べれるようになってからでも、立ちはだかる困難はまだまだ消えることはありません。

引っ越すさいには保証人が必要、人に騙されて借金を抱えてしまった、ビジネスで失敗して借金、病気になって仕事ができなくなった、こんなときに無条件に大人になった子供を助けてくれるのは父親です。

勝手に嫌いになって勝手に家を飛び出した勝手な子供なのに、どんな時でもすぐに駆けつけてくれる人生の最高のサポーターは父親なのです。

大事なことですが、普段は忘れがち。

自分が50歳や60歳になっても、おそらく父親という男はあなたを助けてくれる存在でいてくれるでしょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。