こんにゃくが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

こんにゃくの画像

 




 

食物繊維が豊富で、お腹の中を綺麗にしてくれるこんにゃくは、ダイエット食品の定番ですよね。カルシウムも摂取できると言われています。

そんなこんにゃくですが、嫌い・苦手という人も多いようです。こんにゃくが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、こんにゃくが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

こんにゃくが苦手な理由3選

においが苦手

こんにゃくの独特のニオイが嫌いという人は多いです。特に袋を開けた時に、こんにゃくくさいニオイがしますよね。調理前にこのニオイを嗅いでしまうと、食べる時も思い出してしまうのではないでしょうか。

 

食感がまずい

こんにゃくの食感がまずいと感じる人も多いです。弾力があって噛みにくい感じ、ぷるぷるしているのに、噛んだらゴムみたいな感じが、まずいと思ってしまうのでしょう。しっかり味が染み込んでいても、この食感で食べることができないという人は多いです。

 

味がしない

こんにゃくは、そのまま食べても味がしないです。味がしっかりついていないと美味しく食べることはできないでしょう。味のついていないこんにゃくを食べてまずかったから、それから嫌いになったという人もいます。

 

こんにゃく嫌いを克服するには?

食感やにおいが苦手だからまずいと敬遠されがちなこんにゃくですが、美容や健康によい栄養素も含んでいるので、できれば食卓に取り入れたいですよね。特にダイエット中の人は、こんにゃくが強い味方になってくれるはずです。何とか苦手を克服したいなという人は、次に紹介するこんにゃく嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

凍りこんにゃくにしてみる

こんにゃくを凍らせると、そのまま調理するのとは異なる食感になります。弾力が増すのですが、それがまるでお肉みたいと言われているのです。しっかり味付けすれば、美味しくいただけますよ。下準備は少し手間がかかりますが、冷凍してストックしておけば、時短調理が可能です。

 

こんにゃくスイーツから挑戦してみる

最近は、こんにゃくを使用した様々なスイーツがスーパーやコンビニで購入できます。市販品は、食べやすく加工されている商品が多いので、こんにゃく嫌いでもトライしやすいでしょう。まずは食べやすいスイーツでこんにゃくに慣れるのも克服方法のひとつです。

 

まとめ

こんにゃく嫌いさんは、ニオイや食感が苦手という人が多いです。こんにゃく嫌いを克服するには、下ごしらえや味付けが重要です。

時間がかかる方法でも、挑戦してみると驚くほどこんにゃくが食べやすくなるでしょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。