イクラが嫌いな人は意外と多い?3つの苦手ポイントを紹介

イクラの画像

 




 

お寿司で人気のあるイクラは、ぷちぷちの食感がたまらないですね。高級イクラを使った海鮮丼は、一度食べてみたいと思うのではないでしょうか。

そんなイクラですが、意外と嫌い・苦手という人も多いのです。イクラが嫌い・苦手と感じてしまうのはどうしてなのでしょうか。

今回は、イクラが嫌い・苦手な人の共通点を3つ紹介します。

 

イクラが苦手な理由3選

プチプチの食感

イクラは苦手という人は、プチプチとした食感が苦手という人が多いです。口の中に入れると、小さなプチプチがいっぱいあって、何だか気持ち悪いと感じてしまうのです。口の中でつぶれる感じが苦手という人もいます。

 

見た目が苦手

イクラは、小さな卵の集合体です。この小さなプチプチが並んでいる感じが気持ち悪いと思う人もいます。見た目がグロテスクな感じがしてしまい、食べることができないのです。

 

液体が出てくるのが嫌

イクラを噛むと、中からトロッとした液体のようなモノが出てきます。この感じが苦手という人も多いです。トロッとした食感が美味しいという声もありますが、そうではない人もいるのです。

 

イクラ嫌いを克服するには?

イクラは、EPAやDHAを豊富に含む食材です。さらにビタミンAやビタミンB群、ビタミンEも含まれています。まずいと言う声もありますが、魚卵の中で人気の高い食材ということは間違いありません。苦手を克服したいなという人は、次に紹介するイクラ嫌いを克服する方法をチェックしてみてください。

 

安いイクラを食べない

安いイクラは、生臭さも感じやすいので、より食べにくいと感じてしまいます。少しよいイクラを食べると、イクラの美味しさを感じることができるでしょう。食感や見た目の問題があるので、これをカバーするためにクリームパスタにしてみるのがおすすめです。

 

ちらし寿司に混ぜてしまう

イクラの粒が集まっていると見た目が気になるという人は、いくらを混ぜ込んでしまうと気になりにくいです。ちらし寿司や混ぜ寿司などでイクラを使ってみましょう。

 

まとめ

イクラ嫌いさんは、独特の食感や見た目が苦手という人が多いです。
少しお値段の高いイクラを食べると、味や食感に関しては克服できる人もいるようなので、美味しいイクラを探してみてください。

見た目の問題は、混ぜたり和えることで、気になりにくくなりますよ。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。