元上司からLINEがしつこい!気持ち悪い連絡の対処法3選

喧嘩する男女

 




 

私は、上司から非常に公私を問わずに、電話やLINEがひっきりなしに私のスマホに入ってくる状況にウンザリしておりました。

「引継ぎの〇〇について全然分からんのだけど?」「君が抜けてから、こっちは大変だよ!分かってんのか?」

みたいな内容で幻滅しておりました。

 

元上司の連絡を断ち切る方法3選を紹介

元上司からのLINEが本当に耐え難くて、対策を考えた結果、内容な大きく三つありました。

 

1「元上司からの連絡を一切無視すること。」

元上司からの連絡を一切無視することで、次第にしつこさは薄まっていくと確信しました。

これは前々職の会社で経験したのですが、引継書をちゃんと整備して対応したのにも関わらずに、そのこで半年経過した段階でもネチネチ連絡があることに非常に憤慨して、元職場から来る一切の連絡を放置したのです。

すると毎日かかってきてた電話やメールが一週間に一回になり、二週間に一回になり、一カ月に一回になり、更には数カ月に一回になり、一年経過するかの所でようやく終わった時には胸を撫で下ろしました。

やはり掛けてくる側もレスポンスがあるから、あれも、これもと言う形で執拗に迫ってくる訳でこちらから連絡を絶てば良いと言うシンプルな発想でありました。

ドライな方はすぐに実践できると思いますし、ドライで無い方も割り切って実践することで、解決できる内容であると思います。

 

2、「労働基準監督署等に言う!と言う形で、相手に対して牽制を加える。」

「それ以上連絡してくると、公的な機関に訴える!」と勇気をもって伝えましょう。

もう関係の無い人間なので、容赦ない言葉を浴びせることができるハズです。

今までは、一切言ってこなかった者がそのようなことを言ってきた場合にはかなり身構える形になると思います。

立場上の権力を利用するような元上司には効果的ですよ。

大人しかった元部下でも、このような形で切り返すことができる!

と言うのを強固にアピールされたら、もう連絡が入ってこなくなる可能性が高くなると考えます。

 

3、「元会社の総務課等に連絡して連絡を止めてもらうように依頼する。」

どうしても、元上司からのLINEや電話など嫌がらせがしつこい場合、元会社の上層部に相談することで、そのような嫌がらせを止めることができます。

具体的には、総務課に電話をかけて苦情申し立てと言う形で元上司の名前を出して、対処してもらえる流れになると考えられます。

 

まとめ

私は元上司から電話で、いやがらせの電話に苦しんだ時期がありましたが、心を冷徹にして上記でご紹介した1の方法によって解決しました。1「元上司からの連絡を一切無視すること。」

もう関係無い機関及び人間でありますので、無視することで相手に対して非常にプレッシャーを与えることができます。

また、一番手っ取り早い方法でもあるのでオススメであります。

さんざんイジメや嫌がらせを受けた相手を突き放して困らせてやりましょう。

 

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。