過干渉な母親に疲れた…親の監視をうまく回避する方法3選を紹介

親子喧嘩

 




 

過干渉を実施してくる親につきまして、親の過度な干渉をどのようにして防止するか?

というテーマですが、とにかく、距離を取ろうとしても逆に追いかけてくるだけでありますので、逆にこちらから、距離を狭めると言うことも1つの方法。

今回は過干渉な親の、様々な対応をご紹介していきたいと思います。

 

親の監視をうまく回避する方法3選を紹介

 

①過干渉な親に対し、こちらから距離を取ってみる

過干渉な親に対しまして、有効的な一つの対策としましては、親との距離を広げるのではなくて、逆にこちらから歩み寄ると言うことを意識してみてください。

そうすることによりまして、親に対して、非常に距離を狭める形で、距離を短くすることができます。

そうすることで、本来ガミガミ言う所を安心して以外と何も言ってこないことに繋がりますので、まずは、過干渉を実施してくる親に対しまして、距離を縮小しすること。

親に何も言わないような形で、ステップアップできるのが一番良い効果であるかもしれません。

 

②親の言うことを忠実に実践してみる

「あれもしなさい!」「これもしなさい!」とか言う形で、親が、あれこれ言い過ぎる。

耳にタコができる位、過度で過鑑賞な親はあれこれ言い過ぎてきます。

それを逆手にとるような形で、「自分に対して言ってくれている。」「他の親はここまで言ってくれない。」と言うことを意識すること。

親に逆に質問する位にこちらから質問攻めにしてあげましょう。

そうすることによりまして、親は自分の領域の中に完全に子供が入ってくれていると安心します。

過度な干渉が緩和されることに繋がりますので、逆にこちらから歩み寄ると言うことは意外な成果に繋がることを忘れないでください。

 

③親の要求を全て受け入れてみる

親の要求を全て受け入れることで、「絶対にこの高校以上の高校に入学して欲しい!」と言う希望を叶えてあげることをしてあげましょう。

そうすれば、親の呪縛から解き放たれる形になると思います。

やはり良い高校、良い大学を出させて人生のレールを敷いてあげたいと言うのが親の本音でありますので、逆にそれを察知して叶えてあげる形で親の要求が満たされると言う形になります。

逆に叶えてあげることをしてあげてくれましたら、親も幸福になり開放してあげることに繋がりますので、是非、実践できるような状況であれば、して頂きたいと考えております。

 

まとめ

親の過鑑賞は愛情表現の裏返しであると捉える形で、過ごされてみてはどうでしょうか?

そうすることによりまして、かなり、親の態度を緩和されることができることに繋がりますので、是非実践して頂けれたらと思います。

 




 

コメント (1)
  1. 匿名 より:

    子供のしたい事最優先に考えなきゃダメでしょ、、、
    親に従うって事がおかしくね?親が過干渉だと気づけるなら子供の心はある程度自立してるよ
    親の過干渉に付き合えば親の気は済むかもしれないけど子供はストレスがどんどん蓄積して行くだけだと思う、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。