子供の遊びは友達とゲームばかり!母親として判断はどうする?

ゲーム中の子供

 




 

友達が家に遊びに来て、何をして遊んでいるのかと思えば、ゲーム。。

数時間後…

ゲーム。

 

長いときには半日以上ゲームばかり、友達と遊ぶと言っても内容はほぼ全てゲーム。

ゲームにとことんハマって遊ぶのは、別に悪いことじゃないけど、母としてこの状況はどうも違和感。

外で遊ぶことも少しは挟んでもらいたい。

このように、困惑した経験はないだろうか。

子供が友達とゲームばかりする状況について

ゲームは創造力を刺激して、脳に良い影響を与えることも解明されているので、一概にダメとは言えないが何ごとも程々が1番なのも事実です。

元気な体力を持て余しているのも、大人からすれば気になる部分。

 

世のお母さんの中には、

  • 週の半分は外で遊ぶこと
  • ゲームは1日1時間まで
  • 内ばかりじゃなくて友達の家にもいきなさい

などなどルールを作っている人もいますが、子供に逆切れされたりママ友に反感を食らったり、決め事を強制するのはリスクもあります。

 

外行きなさい!は子供に響かなない

夏休みにクーラーの効いた室内で一日中ゲームに明け暮れていた子供と友人の2人に、「いいかげんにしなさい!外で遊んできな!」と言ったところで、子供は急に遊び心をゲームから別の何かに移すことはできません。

 

しぶしぶ家を出ていった子供たちは、一体どこで何をしているのかというと、同じようにエアコンの効いた部屋でポータブルゲームをします。

 

公民館だったり体育館だったり、図書館のロビーだったり、無料で出入りできる施設をこと細かく知っています。

お金がある子は、100円マックで長びたり、充電器を持ち寄って友達とプレイ!

 

スマホやDS、ニンテンドースイッチなど、小型機械でも子供の心をわしづかみする魅力的なゲームの開発は後をたちません。

機械を持っていない子は、とりあえずグループに入って貸してくれるのをまつか、ただ横で友達がゲームばかりするのを見つめて数時間過ごすことも。

 

サッカーやドッチボール、鬼ごっこや缶蹴りは、全てゲームの中でやっています…

これが現実なのですね。

 

友達と遊ぶよりゲームを選ぶ子もいます

結局何をいっても、友達とゲームばかりする子供は現実世界で球技やレクレーションスポーツをしません。

残念なことだ。。

そう思ってしまうのも理解できますが、世の中には1人でゲームをする子供がいます。

 

友達とゲームばかりして、運動不足だし子供らしくない!

そんな風にネガティブに考えてしまいがちですが、友達も必要なく1人で淡々とプレイする子がもいることを覚えておいて下さい。

 

何度もお伝えしているように、ゲーム自体は悪いことではありません。

友達と遊ぶよりも1人でゲームを選んだ子供は、きっとオンラインでゲーム仲間がいるんだと思います。

 

ただ、親としては部屋に籠って1人でゲームしているよりも、友達とゲームばかりしている子の方が安心できるのではないでしょうか。

 

まとめ

ゲーム禁止!というルールはもう時代・社会がそうさせてくれないかも。

家の中はもちろん、外へ行ってもゲームの誘惑はなくならないのが今の日本です。

 

しかし、友達がいるというのは素晴らしいことです。

ゲームばかりでも笑って一緒に過ごせる友達がいることは、子供にとって良い影響を与えるでしょう。

 




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。